用語解説

GIS(地理情報システム)とは|仕組み・メリット・特徴・活用分野を解説

3月 11, 2015

今回は、これからGIS(地理情報システム)の導入を検討される方、あるいはこれから利用をスタートする方に向けて、GISに関する基本的な情報をまとめてみました。

GIS(地理情報システム)とは

GISとは「Geographic Information Systems(地理情報システム)」の略です。電子地図データとさまざまな情報を関連付け、地図上に表示させ、作図、編集、検索、分析などを行うシステムです。

20150311_3

メリット

紙地図や紙台帳での情報管理に比べて、GISシステムを利用すると以下のようなメリットがあります。
・情報が電子化されているため、必要な情報をスピーディに見つけ出すことができます。

・あちこちに散在している情報を一括管理できるため、部署単位で別々に地図や台帳を作成、更新することで生じていた手間やコストが軽減され、情報の整合性を維持することができます。

・情報更新を簡単に行えるため、既存情報に変更が生じた場合でもスピーディに対応できます。

・情報をわかりやすく可視化できるため、地図情報とそれ以外の情報との関連性、因果関係を直感的に把握でき、対策や改善策の策定に役立ちます。

特徴機能

GISでは大まかに以下のようなことができます。
20150311_1

情報の表示
電子地図を読み込んで画面に表示することができます。広範囲にわたる地図でも、一度に読み込んで、見たい場所へスピーディに移動したり、拡大・縮小することができます。

情報の関連付けと管理
地図上の図形とそれに付随する情報を関連付けて管理することができます。例えば、ある建物の電話番号を知りたい場合、地図上でその建物の図形を指定するだけで、電話番号を表示させることができます。

情報の分析
位置に関する情報を使ってさまざまな分析ができます。例えば、一方通行や通行止めなどの道路交通情報を考慮して、ある区間の最短ルートを探したり、学区の再編や店舗の統廃合の検討に利用することができます。

活用分野

GISは、行政業務、社会インフラ(道路、上下水道、電気、ガスなど)の維持管理、環境調査、地震・津波など自然災害の対策、森林・農地情報の管理、チェーン店の出店計画、エリアマーケティングなど、多岐にわたる分野で活用されています。

20150311_2

GISを使用する際に必要なもの

GISを使うには以下のものが必要となります。

GISソフトウェア
用途や予算に応じて、以下を決めていきます。
市販のパッケージ製品 or フリー製品
・パッケージ製品をそのまま使う or 開発キットを使って カスタマイズする
・運用形態(スタンドアロン or クライアントサーバー or クラウドサービス)

データ
GISで使用されるデータは、地図データと地図以外のデータに分けられます。
地図データ
デジタル化された地図データ。航空写真データもこれに含まれます。地図メーカーが販売している電子地図が主流ですが、国土地理院の数値情報OpenStreetMapなど無償で提供されている地図データもあります。

・地図以外のデータ
植生データや気象観測データ、道路や施設などの管理台帳データ、国勢調査データ、固定資産や顧客リストのデータ、携帯電話・スマートフォンや車両の位置情報などがあります。

データベース
MS Access、MS SQL Server、IBM DB2、Oracleなど、地図データとそれ以外のデータを関連付けて格納するDBMS製品です。

操作イメージ

GISについて概念的なことはある程度ご理解いただけたでしょうか?ただこういったソフトウェアは、実際に操作してみないと具体的にイメージできないもの。こちらのサイトに、GISソフト「SIS」を初めて使用する方に向けた動画が掲載されています。SISの概念から、地図の読み込み、作図、主題図作成、印刷までの基本操作を実際の画面でご紹介していますので、よりGISソフトの使用イメージをおわかりいただけるかと思います。ぜひご覧ください。

用語解説

GISには独自の用語が多数あります。こちらに用語解説をまとめていますので、ぜひご覧ください。

弊社の空間情報事業について詳しくお知りになりたい方へ

記事の評価をお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
株式会社インフォマティクス 空間情報クラブ担当

株式会社インフォマティクス 空間情報クラブ担当

株式会社インフォマティクス 空間情報クラブ運営担当です。位置情報をはじめ、地図、GISソフト、数学など幅広く読者の関心を集める情報を掲載しています。ご感想やご意見、掲載依頼などをお待ちしております!

-用語解説
-, , , ,

© 2020 空間情報クラブ|株式会社インフォマティクス