AR/VR/MR GIS用語解説

ARとは|VRとの違い・活用例

こんにちは、インフォマティクスの空間情報クラブ編集部です。

今回は、さまざまな分野で活用が広がってきたARについてご紹介します。

ARとは

ARとは「Augmented Reality(拡張現実)」の略語で、現実の空間に何らかの情報を加えて表現させる技術です。

20150318_1

ARとVRの違い

ARとVR(仮想現実)には以下のような違いがあります。

  • AR:実際の空間に情報を付加して表示させる技術
  • VR:コンピュータの中に人工的な世界(仮想世界)を作り出す技術

VRは仮想世界の中に私たちが入っていくようなイメージです。VRを体験できる専用のヘッドマウントディスプレイも各種登場しています。

VR機器を装着すれば、部屋にいながら色々な場所に出かけたりイベントに参加しているような気分(仮想体験)を味わえます。

ARの種類

ARの表示技術には大きく「位置情報」と「画像認識」の2つのタイプがあります。

位置情報タイプ

GPSから取得した位置情報、加速度センサー(ジャイロセンサー)や地磁気センサー(電子コンパス)などのセンサーを利用して情報を表示させるタイプです。

画像認識タイプ

QRコードのようなマーク(マーカー)を認識して情報を表示するものと、商品やロゴなど画像そのものを認識して情報を表示するものとがあります。

活用例

最近では、販促プロモーションやゲーム、教育、観光など幅広い分野でARが活用されるようになってきました。

ウェアラブル端末やプロジェクションマッピングもAR技術を応用したものといえます。

ARを利用すると、あるお店の近くを通った時に、詳しい店舗情報やキャンペーン情報をスマートフォンに表示させたり、タブレット端末やPC画面上でメガネや洋服の試着、家具の配置ができます。

メリット

一番のメリットは、情報を直感的に表現できることです。

さらに、利用する際も、対象にスマートフォンやタブレット端末をかざすだけで済むので、利用者は手軽に直感的な形で知りたい情報を得ることができます。

建築CADとAR技術の融合

インフォマティクスでは、AR技術を利用した製品「GyroEye(ジャイロアイ)」を提供しています。

20150318_2

GyroEyeは、図面上にタブレットをかざすだけで3次元のモデルを表示させて、ARを利用しての施主・施工主間のコミュニケーションの向上、仕様打ち合わせの効率化を支援するツールです。

20150318_3

こちらに詳しい製品情報が掲載されていますので、ぜひご覧ください。

動画(約1分)でもご覧いただけます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

空間情報クラブ編集部

空間情報クラブ編集部です。GISソフトの便利な機能をご紹介する活用講座やGIS用語解説、地図、位置情報、AI機械学習などをテーマにしたコラムを掲載しています。ご意見・ご感想、寄稿、コラボ企画などありましたらぜひご連絡ください。お待ちしております!

-AR/VR/MR, GIS用語解説
-

© 2022 株式会社インフォマティクス