数学

コラム 人と星とともにある数学 数学

Pythonで関・ベルヌーイ数|Pythonで数学を学ぼう! 第16回

2021/12/31    

はじめに|レポート 私が毎月開催している桜井進の算数・数学教室(Zoomオンラインセミナー)ですが、11/21桜井進の魔法の算数教室、12/12桜井進のPython・UNIX・Math教室のテーマはそ ...

コラム 人と星とともにある数学 数学

Pythonでオイラー! オイラー・マクローリンの公式|Pythonで数学を学ぼう! 第15回

2021/12/2    

前回はゼータ関数をオイラー積を用いて数値計算してみました。 結果は1億個の素数リストを作成し、それを用いてオイラー積の計算を行い、ζ(2)=1.6449340668…と11桁の正しい値を得ることができ ...

コラム 人と星とともにある数学 数学

Pythonでオイラー ゼータのオイラー積<後編>|Pythonで数学を学ぼう! 第14回

2021/11/1    

前編ではオイラーのゼータ関数のPythonコードmpmath.zeta()とオイラー積の簡単な説明を行いました。 後編ではオイラーの積計算用コード(5つ)とその計算結果を紹介します。 コード1 「eu ...

コラム 人と星とともにある数学 数学

Pythonでオイラー ゼータのオイラー積<前編>|Pythonで数学を学ぼう! 第13回

2021/11/1    

はじめに|レポート 9月・10月共通テーマ 超入門・ゼータ関数 毎月開催中Zoomオンラインセミナー、桜井進の算数・数学教室の9月・10月共通テーマは「超入門・ゼータ関数」です。 前回の「バーゼルの問 ...

コラム 人と星とともにある数学 数学

Pythonでオイラー バーゼルの問題|Pythonで数学を学ぼう! 第12回

2021/10/4    

はじめに|レポート 8/22(日)桜井進のPython・UNIX・Math教室(応用コース) 毎月開催中Zoomオンラインセミナー、桜井進のPython・UNIX・Math教室(応用コース)、2021 ...

コラム 人と星とともにある数学 数学

Pythonで素数定理|Pythonで数学を学ぼう! 第11回

2021/11/27    

はじめに レポート 毎月開催中のZoomオンライン授業、桜井進の算数・数学教室 桜井進の魔法の算数教室 桜井進の数学浪漫紀行 桜井進のPython・UNIX教室(入門コース全3回) 桜井進のPytho ...

コラム 人と星とともにある数学 数学

Pythonでゴールドバッハ予想|Pythonで数学を学ぼう! 第10回

2021/11/2    

はじめに 1742年の手紙 1742年にプロイセンの数学者クリスティアン・ゴールドバッハ(1690-1764)がレオンハルト・オイラーへあてた手紙の中に 5より大きな任意の自然数は、三つの素数の和で表 ...

コラム 人と星とともにある数学 数学

Pythonで数論!未解決問題「コラッツ・角谷予想」|Pythonで数学を学ぼう! 第9回

2021/11/2    

コラッツ予想 前回(第8回)はコラッツ・角谷予想を紹介し、予想を検証するプログラムをコーディングしてみました。 任意の自然数に対し、偶数なら2で割り、奇数なら3倍し1を足す、とい8うシンプルなアルゴリ ...

コラム 人と星とともにある数学 数学

Pythonで数論!未解決問題「コラッツ・角谷予想」|Pythonで数学を学ぼう! 第8回

2021/11/2    

コラッツ予想 1937年にドイツの数学者ローター・コラッツ(19101-1990)によって次のような問題が提起されました。 コラッツ・アルゴリズム 正の整数nに対して、 偶数なら2で割る 奇数なら3倍 ...

コラム 人と星とともにある数学 数学

素数生成プログラム(エラトステネスのふるい)を実装|Pythonで数学を学ぼう! 第7回

2021/11/27    ,

今回はPythonでエラトステネスのふるいをプログラミングしてみましょう。 素数生成プログラム 「エラトステネスのふるい」は素数を見つける方法の1つです。 次がエラトステネスのふるいによって素数を生成 ...

© 2022 株式会社インフォマティクス