コラム ジオ三昧のススメ

ジオ三昧のススメ:スマホでもパソコンでも見られるお役立ち地図サイト 第2回:ハザードマップポータルサイト

2020/3/2

地震や台風などの災害が頻発している中、さまざまな災害リスクを地図上で可視化した「ハザードマップ」が注目されている。ハザードマップは全国の自治体が住民に紙の地図を配布していることも多いが、インターネットでもさまざまなリスク情報を入手できる。 中でも代表的なのが、国土交通省が提供する「ハザードマップポータルサイト」だ。同サイトは全国の市町村が作成したハザードマップを活用できるポータルサイトで、身のまわりにどのような災害が起きる危険性があるのか、そして災害が発生したときにどこへ避難すれば良いのかを事前にチェック ...

ReadMore

コラム 人と星とともにある数学

人と星とともにある数学 第49回 どうして分数のわり算はひっくり返してかけるの?

2020/2/27

映画「おもひでぽろぽろ」のワンシーン 前回、電卓に0で割る計算をさせるとエラーが返ってくることを取り上げました。今回は小学校高学年で習う分数のわり算です。 分数は問題だらけです。中でも分数の割り算は「なぜ」を考え出すと難関です。はたして、多くの人は計算手順──分数のわり算はひっくり返してかければいい──を「覚える」ことになります。 ヤエ子:分母と分子をひっくり返してかけりゃいいだけじゃないの。学校でそう教わったでしょ。 タエ子:う〜ん。 ヤエ子:じゃあ、どうして間違ったの。 タエ子:分数を分数で割るってど ...

ReadMore

コラム 地図マニアな日々

地図マニアな日々:地図は土地の履歴書~あの有名スポットの昔を知る~

2020/2/5

地図は土地の履歴書~あの有名スポットの昔を知る~ 地図は作った瞬間から古くなってしまう運命を持つ。 街は常に変化しており、新しい道路が開通したり、新しい建物が建設されたり、逆にそれまであった施設がなくなってしまうこともある。店舗の開店・閉店まで含めれば、さらに変化の頻度は高まる。 それだけに、地図における経年変化の更新は重要な意味を持つ。変化情報を確実に捉えて、地図をなるべく早く更新してユーザーに届けることは、地図会社にとってはもっとも力を問われるミッションともいえる。 逆に考えれば、地図は「その一瞬」を ...

ReadMore

SIS活用講座 技術情報

SIS活用講座 第24回:SIS 9のご紹介 Part6 3D編

2020/1/30

はじめに 前回に続き、「SIS 9」の新機能をご紹介します。今回は、「グリッド」、「点群」の機能をご紹介します。 グリッドとは? グリッド(メッシュ)は、領域を等間隔の格子に分割し、等間隔格子点ごとに何らかの地理情報(標高、人口など)を持たせたセルで構成された図形です。各セルが保持する、この地理情報の値をセル値といいます。(図1) グリッドは、標高や施設の分布などの表現に利用することができ、SISでポイントアイテムから作成したり、「基盤地図情報ダウンロードサービス」などのサイトからダウンロードしたデータを ...

ReadMore

コラム ジオ三昧のススメ

ジオ三昧のススメ:スマホでもパソコンでも見られるお役立ち地図サイト 第1回:今昔マップ on the web

2020/1/30

デジタル地図には紙地図にはないさまざまな利点があるが、そのひとつとして、複数の地図を重ねたり、並べたりして比較するのに便利である点が挙げられる。そのようなデジタル地図のメリットを活かして、新旧さまざまな時代の地図を比較できるサイトが「今昔マップ on the web」だ。 今昔マップ on the web 「今昔マップ on the web」は、全国41地域の新旧の地図を並べたり、重ねたりして比較できるサイト。デフォルトは2画面に分かれており、左側に古地図、右側に現代の地図が表示される。マウスのカーソルを ...

ReadMore

コラム 人と星とともにある数学

人と星とともにある数学 第48回 どうして0で割っていけないの?

2020/1/30

いい質問だ! 子供に「なぜ0で割っていけないの?」「なぜ0で割れないの?」と聞かれたらどう答えますか。 まちがっても「そう決まっているの!」などと乱暴なレスポンスをしてはいけません。丁寧に答えてあげたいものです。 そもそもこの質問はとても自然で大切な質問です。まずは「いい質問だ!」「おもしろい質問だ!」と褒めてあげましょう。そして、どこがいい質問で、何がおもしろいのか、解説してあげましょう。 エラーの意味 例えば、60(km/時)とは60/1(km/時)のことで、1時間で60km進む速さのことです。すると ...

ReadMore

見通し判定

コラム ジオ三昧のススメ スマホに入れておきたいおすすめの地図

ジオ三昧のススメ:スマホに入れておきたいおすすめの地図・位置情報アプリ 第12回:スーパー地形

2019/12/24

地図や位置情報を活用したスマートフォンアプリを紹介するこの連載、第12回となる今回は、精細な地形表現を楽しめる3D対応の地図アプリ「スーパー地形」を紹介する。 スーパー地形 「スーパー地形」は、Windows用の3D地図ソフト「カシミール3D」の開発者であるDAN杉本氏が開発したiOS/Android向け地図アプリ。地形の凹凸を精細に描いた独自の「スーパー地形データ」を見られるほか、地理院地図やGoogleマップなども使用できる。 「スーパー地形データ」は、日本全国をカバーする基盤地図情報の5mメッシュを ...

ReadMore

コラム 人と星とともにある数学

人と星とともにある数学 第47回 ソフィア・コワレフスカヤ ~ロシア初女性大学教授、恋愛と数学に捧げた41年の人生~

2019/12/24

彼女は新しいパスカル 1850年1月15日、ソフィア・ヴァシーリエヴナ・コワレフスカヤはモスクワに生まれた。父はロシア帝国軍将校、母はロシア貴族出身で母の祖父は数学者・天文学者であった。 幼少期のソフィアに影響を与えたのが叔父のクルコーフスキーであった。昔、砲兵将校だった彼は数学に興味を持っていた。ソフィアは彼から数学──円と同じ面積の正方形を求める問題、無限、漸近線──について話を聞いた。 さらにソフィアについた家庭教師マレーウィチもまた彼女の数学の才能を認め、高等数学の教科書を彼女に与えることで数学へ ...

ReadMore

コラム ジオ三昧のススメ スマホに入れておきたいおすすめの地図

ジオ三昧のススメ:スマホに入れておきたいおすすめの地図・位置情報アプリ 第11回:めぐるっと

2019/12/6

地図や位置情報を活用したスマートフォンアプリを紹介するこの連載、第11回となる今回は、株式会社ゴーガが提供する観光情報アプリ「めぐるっと」を紹介する。 めぐるっと 「めぐるっと」は、観光事業者が旅行者に向けてスポット情報やクーポン配布、スタンプラリーなどのサービスを提供するためのアプリ。一般的な観光情報アプリは街ごとに個別開発が必要だが、「めぐるっと」を利用すれば、サーバー管理などの専門知識やアプリの保守運用が不要で、低コストで運用・保守できる。 観光情報を配信する場合はウェブ管理画面からスポット情報など ...

ReadMore

コラム 地図マニアな日々

地図マニアな日々:地図に見る企業の地縁 ~企業名のルーツをたどる~

2019/11/26

「地縁」という言葉がある。 東京には地方出身者が多いこともあり、さまざまな場面で出身地の話になりやすく、同郷であったりすると少なからず親近感を覚えるものである。○○県人会がどこの県にもあったり、高校野球のシーズンになると郷土の高校の応援に力が入ったりするのも、人々の中で「地縁」がそれなりの重要性をもっていることの表れだろう。 地縁の対象は人だけでもない。地域の老舗店や地場産業、あるいは「〇〇産」で評価される農水産物もそうだし、地元の企業もそうだろう。たとえば全国的な企業で本社が東京にあるような場合でも、地 ...

ReadMore

Copyright© 空間情報クラブ|株式会社インフォマティクス , 2020 All Rights Reserved.