人と星とともにある数学

コラム 人と星とともにある数学 数学

Pythonで数論!未解決問題「コラッツ・角谷予想」|Pythonで数学を学ぼう! 第9回

2021/5/31    

目次 コラッツ予想コラッツ・シークエンスのステップ数に注目するプログラム「colg.py」時分秒表示を行うdatetimeモジュール計算誤差を防ぐdecimalモジュールプログラム「colg.gy」の ...

コラム 人と星とともにある数学 数学

Pythonで数論!未解決問題「コラッツ・角谷予想」|Pythonで数学を学ぼう! 第8回

2021/4/30    

コラッツ予想 1937年にドイツの数学者ローター・コラッツ(19101-1990)によって次のような問題が提起されました。 コラッツ・アルゴリズム 正の整数nに対して、 偶数なら2で割る 奇数なら3倍 ...

コラム 人と星とともにある数学 数学

素数生成プログラム(エラトステネスのふるい)を実装|Pythonで数学を学ぼう! 第7回

2021/4/12    

今回はPythonでエラトステネスのふるいをプログラミングしてみましょう。 素数生成プログラム エラトステネスのふるいは素数を見つける方法の1つです。 次がエラトステネスのふるいによって素数を生成する ...

コラム 人と星とともにある数学 数学

集合の計算|Pythonで数学を学ぼう! 第6回

2021/6/7    

集合とリストを比べる 前回は素数判定プログラム(prime1からprime 4)を紹介しました。 素数といえば、エラトステネスのふるいが有名です。Pythonでエラトステネスのふるいをコーディングする ...

コラム 人と星とともにある数学 数学

素数判定プログラムを改良|Pythonで数学を学ぼう! 第5回

2021/6/7    

約数をすべて表示する 前回の素数判定プログラム(prime1)は「素数ではありません」「素数です」だけの判定をする7行のコードでした。 今回はこれをもとにいくつか改良してみます。 プログラム:prim ...

コラム 人と星とともにある数学 数学

素数判定プログラムをコーディング|Pythonで数学を学ぼう! 第4回

2021/6/1    

56547511は素数か? 前回のフィボナッチ数表示プログラムを改良 前回のフィボナッチ数表示プログラムはPython本家本元Webに紹介されているものでした。 関数fib(n)はnより小さいフィボナ ...

コラム 人と星とともにある数学 数学

フィボナッチ数を表示するコードを入力|Pythonで数学を学ぼう! 第3回

2021/6/1    

Python本家のホームページ フィボナッチ数を表示するコード 第1回でも紹介しましたが、今度はそのコードを入力してみましょう。フィボナッチ数を表示するコードです。 >>> def ...

コラム 人と星とともにある数学 数学

グーグルColaboratoryでPythonを動かす|Pythonで数学を学ぼう! 第2回

2021/6/1    

グーグルColaboratory 本格的なpythonコーディングを誰でも試せる https://colab.research.google.comにアクセス 前回はpythonの本家本元python ...

コラム 人と星とともにある数学 数学

Pythonで数学を学ぼう! 第1回

2021/6/1    

python.org ここでPythonをすぐに動かすことができる AIの快進撃はとどまるところを知りません。 Python(パイソン)はAIの実装に欠かせない強力なコンピューター言語です。AIとPy ...

コラム 人と星とともにある数学 数学

メアリー・サマヴィル|ヨーロッパで最も傑出した女性と称えられた科学者

2021/5/21    

Mary Fairfax Somerville 1780年12月26日 - 1872年11月29日 このすばらしいささやかな書籍を買い求めたとき、私は三十三歳でした。 はじめて『代数』という神秘的な語 ...

© 2021 株式会社インフォマティクス