コラム 時空の旅

空間情報を活用して未来をデザイン

11月 29, 2012

こんにちは、インフォマティクスの空間情報クラブ編集部です。

今回は「未来」をテーマにしたいと思います。

時間が与える情報

時間は空間情報を形成する大きな軸の1つですが、時間そのものは目に見えません。

しかし、物事が変化することによって、私たちは確かな時の存在と流れを感じます。

時間は常に「現在」を私たちにもたらし、過ぎ去ることよって「過去」となり、一瞬たりとも止まることはありません。

ほんの少し前まで「未来」だった世界が「現在」になり、あっという間に「過去」になる。現在は過去の最終形とも言えるし、未来の始まりとも言えます。空間情報として私たちに見えているものは「過去」と「現在」のみです。

現在が未来の入口であったとしても、見ることもできません。私たちが、もし時間より早く動くことができて、時間を追い越してパッと振り返ると未来が見えるなんてことがあったら面白いですね。

今のところそれはSFの話ですが、人間には「未来」を想像する能力があります。

過去は目の前、未来は背後なのか?

私たちは普通「過去はふり返るもの」、未来は「前に広がるもの」と言います。「過去」は自分の後ろにあり、「未来」は前にあると考えています。

しかし、旧約聖書の時代(紀元前6世紀頃)のヘブライ人は、「過去」は自分の前にあり、「未来」は自分の後ろにあると考えていたそうです(過去を意味するヘブライ語「ケデム」は「前」を意味する言葉でもあり、将来を意味する「アハリート」は「背後」を意味する)。

過去に起こったことはすべて事実であり明らかになっており、隠すことも変えることもできないものとして目の前に存在している。見たくなくてもそこにある。

未来は自分の後ろにあるので見えない。未来に向かうということは、見えないところに後ろ向きに進むということなので怖いけど面白い。そこに何があるのか、何が起こるのか。

われらはいかにあるかを知るも、われらがいかになるかを知らず

シェイクスピア(ハムレット)

空間情報で未来を可視化

さて旧約聖書の時代から現代に戻り、地図について考えてみましょう。

地図の最も大切な機能は、現在の状況をいかにリアルタイムに、いかに正確に表示するかだと思います。正確でない地図は役に立たないばかりか、混乱を引き起こします。

昨今のITの発達は、刻々と変わる渋滞情報や台風の進路まで正確に地図上に表現してくれます。空間情報は常に追加、上書きされ、もの凄いスピードで過去へ流れていきます。

一方、過去の地図も大事な記録であり、科学の発展や歴史の研究に欠くことができません。古地図を大切に保管し、眺めるだけでなく現在の地図に重ねて楽しむ人たちもいます。

ここに「未来」が見えたらいいのにと思いませんか?

リアルタイムで正確な現在と膨大な過去の記録や記憶に、人間にしか与えられていない「未来を創造する能力」を加えて未来を描き出す。

現在の世界地図、いや宇宙空間の地図に、時空間の未来をデザインすることが自由にできたらどんなにいいでしょう。

現代では、世界中の人々がITとインターネットというツールを持って、空・海中・地中から作成された地図に「未来」を描くことができます。

「どこでもドア」のように世界のどこにでも瞬時に移動し、それぞれの未来を持ち寄り、地図上に再現して新たな地図を作って、現在・過去の情報と同じかそれ以上に未来の空間情報を蓄積していく。そして可視化していく。

既に震災復興のプロジェクトやスマートシティ構想ではその試みがスタートしていると思いますが、もっと自由に未来の空間をデザインしてみたいですね。

空間をデザインするというのは、未来を描き出すことを意味するのかもしれません。

私たちは大空を駆ける飛行機のような存在。この空間にどんな未来をデザインしていきますか?

 他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる(エリック・バーン博士)

記事の評価をお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

空間情報クラブ編集部

空間情報クラブ編集部です。GISソフトの便利な機能をご紹介する活用講座やGIS用語解説、地図、位置情報、AI機械学習などをテーマにしたコラムを掲載しています。ご意見・ご感想、寄稿、コラボ企画などありましたらぜひご連絡ください。お待ちしております!

-コラム, 時空の旅

© 2021 株式会社インフォマティクス