AR/VR/MR 位置情報アプリ

描いた絵が動き出すARアプリ「らくがきAR」体験レビュー

こんにちは、インフォマティクスの空間情報クラブ編集部です。

今回は描いた絵が動き出すと話題のアプリ「らくがきAR」の体験レビューをご紹介します。

らくがきARとは

「らくがきAR」とは、クリエイティブ・スタジオ「Whatever」社が2020年8月1日より配信開始したiOS/iPad向けAR(拡張現実)アプリです。

2020年8月5日朝の時点で30万ダウンロードされているので、「配信後先着1,000名限定のダウンロード無料キャンペーン」は数日で終了したものと推測されます。

「らくがきAR」はみんなが思い描いていた「じぶんの描いたものに命が吹き込まれたら…」という想いを具現化させたアプリです。

ノートやホワイトボード、どこに描いたらくがきでも、このアプリでスキャンすると命が吹き込まれ、スマートフォンを通してバーチャル空間を歩きだします。

ご飯をあげたり、つっついたり、命を吹き込んだらくがきにちょっとちょっかいを出してみましょう。

(出典:Whatever社らくがきARページより)

価格 120円
対応機種 iOS12.0以上、iPhone、iPad  ※機種により利用できない場合あり
ダウンロードURL https://rakugaki-ar.com/app/

Whatever社のプレスリリースはこちら

お絵かきをスキャン

最初に、手持ちのiPhoneでアプリをダウンロードしてカメラへのアクセスを許可したら、動かしたいものを選びます。

まずは手描きのかわいい動物で試してみましょう。ちょうど弊社スタッフのお子さんの作品があったので拝借。

フレーム内で絵の輪郭が赤く光ったら、スキャンボタンをタップします。

すると、切り株からパンダが勢いよく飛び出して動き始めました。手に持った笹をこまかく振りながら元気に動き回っています。こんな小さい笹まで認識するんですね。スゴイ!

横から見ると段ボールの断面のような厚みがあり、影も付いています。

画面をタップすると食べ物(にんじん、バナナ、りんごなど)が落ちてきます。食べ物が出てくると速攻寄ってきて食べますが、ひと口あたりの量が多いので2~3口で完食してました。

印刷物をスキャン

次に、インフォマティクスオリジナル水筒に描かれた地球(細い線で描画)と、会社ロゴ(縁取り線なし)をカラー出力したもので試してみましたが、こちらも大丈夫でした。

ただし水筒に描かれた地球のほうは、線が細いせいか材質のせいなのか認識までに若干時間がかかりました。

会社ロゴを複数連続してスキャンすると、仲間ができて賑やかになりました。

写真画像をスキャン

今度は写真の顔が認識されるか試してみました。弊社社長の写真でトライ!

なかなか反応しません ... 。スマホの角度を微妙に変えながらやっていると、何とか眼鏡の上から頭のてっぺんまでは認識されましたが、顔全体は認識されませんでした。

そこで顔部分を切り抜き、紙の上に置いて再びトライ。下の紙の色を変えても、結局上半分しか認識されませんでした。やはり縁取り線がないと難しいようです。

ペンでぐるりと囲み線を描くと、さくっと反応してスキャンできました。

キラキラッ☆と星が輝く空間の中を、右へ左へ忙しく動き回っていました。

おわりに

今回は「めっちゃカワイイ!」「楽しい!!」とツイッターでも話題のARアプリの体験レポートをお届けしました。

「らくがきAR」では描いた絵が3次元になるだけでなく、もとの場所から飛び出してまるで生きているように動き回ります。食べ物やデコレーションが出てきたりと、遊び心のある楽しい演出も用意されています。

スキャンの認識率を上げるには、輪郭線がはっきりしていることと線がつながっていることがポイントです。もし写真で試される場合は、ひとつながりの輪郭線で囲んでスキャンされるとうまくいくと思います。

外出自粛、夏休み対策にらくがきARを活用してみてはいかがでしょうか。

※本記事で紹介したアプリに関する詳細は、提供会社様あてにお問い合わせください

<参考>
・Whatever社ウェブサイト https://whatever.co/ja/
・らくがきARがどうやって生まれたか(川村真司氏noteコラム)https://note.com/masakawa/n/nc097272cefe0

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター画像

空間情報クラブ編集部

空間情報クラブはインフォマティクスが運営するWebメディアです。GISソフト「SIS」の便利機能を紹介するSIS活用講座や用語解説をはじめ、地図、位置情報、AI機械学習、数学をテーマにしたコラムを多数掲載。楽しみながらより深く学んでいただけるお役立ち情報を発信しています。

あわせて読みたい

-AR/VR/MR, 位置情報アプリ
-