AR/VR/MR コラム

初心者がBlenderでVR 3Dアバター作成に挑戦|第6回 ついに完成!

皆さん、こんにちは。ライターのSaruです。

前回に引き続き、Blenderで3Dアバターを作成していきます。今回で3Dモデル作成シリーズ、完結です。

※注意:本シリーズはBlender超初心者による作成ブログです。上級者の方は温かく見守っていただければ幸いです。

骨を作成

前回作成できなかった骨の部分を作っていきます。

手首を作成

手首の骨として仮置きしている部分を骨にします。以下のオブジェクトを作りやすい形に変えます。

このままでは作成しづらいので、サイズを大きくしたのち調節します。

画面内、左が元のサイズ、右が調節用に拡大したものです。

尖っていた部分を広げます。これだけで随分作業がやりやすくなります。

辺がかなり多かったので、一つ一つ消していきました。

結局、辺を増やすことになってしまいました...。大きなオブジェクトから8つの骨を作るにはこうするしかなかったのです。

ある程度のリアルさを追求すると、どうしてもこうなるのでしょうか。

分割が完了しました。

オブジェクトを一つ一つ作成するよりも、このやり方のほうがかなり楽な気がしますが、最終的なイメージができていないと大変ですね。

ここから骨っぽくするため、角を削るなどさまざまな変更を加えていきます。

ベベル機能(面取り)を使って手首の骨を丸めました。

平らな部分もあるので、こんな感じになります。

コピー&ペーストで複製を作成します。

頭部を修正

第1回で作成した頭部も修正します。

頭蓋骨の中身を作るので、かなり大きくしました。眼底も取り付けます。(眼球はないので、目のあたりが真っ黒になるだけです。)

脳は下の方も覆われている(延髄関連の穴があったはず)ので塞ぎました。

これで頭部(頭蓋骨)の修正が終了しました。

首を作成

首の骨を作成します。

首の骨といっていますが、実際は背骨です。

こんな感じで作っていますが、どんな形で作るのかがよくわからない...。立体模型が欲しいです。

なんでしょうか、既視感があります。某ロボットアニメの敵組織のマークのようにも見えます。

型が完成したので、コピー&ペーストで7つ作って首にします。

サイズが合わないので調節します。

7つ以上なのは、首だけではなく背骨の一部も入れているからです。

これで本体が完成しました。

帽子を作成

まず円柱を用意します。

頭の大きさに合わせて、底面を開いたり高さを調節します。

完成しました。

シルクハットなので、こんな感じで面を押し出し、押し出した部分を広げます。

麦わら帽子にも応用できそうです。(網目が大変そうですが。)

さいごに

完成しました!!

そして、「初心者がBlenderでVR 3Dアバター作成に挑戦」シリーズは本記事をもって終了いたします。

このシリーズは操作手順を解説するのではなく、超初心者の私がBlenderを使って3Dモデル作成にチャレンジした過程を書き記したブログです。

骸骨紳士作成を通じてだいぶBlenderの操作に慣れたもののまだまだです。今後は、作成した3Dアバターを動かせるといいなと思っています。

ここまでお付き合いくださり、ありがとうございました。

業務のDX化でお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

最新技術でDX化推進を支援するXRシステムを詳しく見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

空間情報クラブ編集部

空間情報クラブはインフォマティクスが運営するWebメディアです。GISソフト「SIS」の便利な機能を紹介する活用講座やGIS用語解説をはじめ、地図、位置情報、AI機械学習、数学をテーマにしたコラムを掲載。楽しみながらより深く学んでいただけるお役立ち情報を発信しています。

-AR/VR/MR, コラム
-

© 2022 株式会社インフォマティクス