AR/VR/MR コラム

初心者がBlenderでVR 3Dアバター作成に挑戦|第5回 小物類を作る

皆さん、こんにちは。ライターのSaruです。

前回に引き続き、Blenderで3Dアバターを作成する方法をご紹介します。今回は小物類を作成します。

※注意:本シリーズはBlender超初心者による作成ブログです。上級者の方は温かく見守っていただければ幸いです。

腕を連結

作成した3Dモデルのオブジェクトどうしを連結して組み立てます。

連結準備

上腕と下腕を連結します。

明らかにサイズが合ってないので、サイズ調整します。

サイズ調整って、結構難しいんですよね。

ここまでの作業で、サイズ調整に意外と時間がかかることに気づきました。

はみ出していますが、繋ぐときに重なる部分ができるのでサイズはこれでOKです。

この状態で繋ぎます。

やはり、最初から一つのオブジェクトでやっておくんだったと感じます...。

ここまで別々のオブジェクトを繋ぐ方法を模索してきたのですが、結局、オブジェクトを統合しないとできないということがわかりました。

オブジェクトを統合

新規ファイルを作成し、オブジェクトモードで結合します。

このオブジェクトを両方選択します。

Ctrl + J を入力します。

統合が完了しました。

左が統合前、右が統合後です。立方体オブジェクトがCubeに吸収されました。

続きの作業を行います。

このように繋げていますが、この作業、結構苦労しています。

前後左右のズレがないようにしたつもりでしたが、細かいズレが発生しているので、それぞれの頂点を選んで面を張ります。

実際には20数面分を地道に張っていっています。(やっぱり最初から一つのオブジェクトでやっておけばよかった。)

これで両腕を繋ぎました。

オブジェクトモードだと単なる円柱でしかないのが残念です。

ジャケットも必要なので胴体を複製します。

肩を連結

連結作業に入ります。

ジャケットを作った際に穴をあけておいたので、そこを目安に連結します。

腕の部分を強引に肩にします。

肩と腕を接合させるため、腕を編集します。

このままでは接合に不足なものがあるので、面の押し出しを行って関節を増やします。

2回ほど押し出しを行って曲げます。

パッドが入っている感じですが、このまま作業を続けます。

ここで穴の大きさに合わせて腕側の接合部分を広げます。

ここのあたりの調整がかなり難しい。

一応、完成です。

今回、モディファイヤーを使っているので作業効率が格段にアップしています。(後々の骨組みに支障が出ないか心配ですが。)

そして、モディファイヤーを使うのであれば、腕は1個だけでよかったということに今さらながら気づきます...。

肩が妙に平坦なのが気になるので、これに合わせて細かい調整をしたくなってきました。

見えない部分も修正します。

これでOKでしょうか。

さいごに

なんと、小物類を作成するはずが、肩部分しか作業が終わっていないことになってしまいました。

次回でモデルが完成するはずです。それでは、また。

業務のDX化でお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

最新技術でDX化推進を支援するXRシステムを詳しく見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

空間情報クラブ編集部

空間情報クラブはインフォマティクスが運営するWebメディアです。GISソフト「SIS」の便利な機能を紹介する活用講座やGIS用語解説をはじめ、地図、位置情報、AI機械学習、数学をテーマにしたコラムを掲載。楽しみながらより深く学んでいただけるお役立ち情報を発信しています。

-AR/VR/MR, コラム
-

© 2022 株式会社インフォマティクス