GIS用語解説

バッファとは|GISのバッファ領域・利用例

11月 7, 2014

こんにちは、インフォマティクスの空間情報クラブ編集部です。

今回はバッファについてご紹介します。

インフォマティクスでは、国内で約34,000のお客様に利用されているGIS(地理情報システム)製品SIS(エスアイエス)をご用意しております。
SISの資料をダウンロードする

バッファとは

一般にバッファ(buffer)とは、物と物との衝突や衝撃をやわらげる「緩衝材(かんしょうざい)」を意味する言葉です。

コンピュータ用語としては「一時的にデータを保存する領域」という意味で使われ、ビジネス用語としては「物理的、コスト面、時間的な余裕や余地」という意味で使われます。

GISにも「バッファ」という概念がありますが、上記とは意味合いが異なります。

GISのバッファ機能

GISでは、ある対象物を基準として、そこから等距離内の領域のことをバッファ(またはバッファ領域)といい、バッファ領域を作成する機能のことをバッファ機能といいます。

例)「自宅という対象物」(点)から、「100mの等距離」にあるバッファが中央の赤の円になります。

さらに100m刻みの範囲が、それぞれオレンジ色、黄色の円で表現されています。

GISでは、バッファ機能を空間検索をはじめ様々な解析に使用します。

GISのバッファ機能では、単に任意の領域を使って検索、解析できるだけでなく、基準の対象物と他の対象物との空間的な関連性も解析できます。

バッファ機能の利用例

津波到達予測図

海岸線という対象物を基準として、200m刻みで等距離にあるバッファを作成し色分けすることで、津波到達のハザードマップを作成できます。

国道の騒音判定

国道(点線)を基準として、バッファを作成した例です。

国道に近いほど騒音レベルが高くなるので、被害を受ける範囲が一目でわかり、住宅への騒音被害を解析することができます。

生物の生息圏調査

鳥類の営巣地(点)を基準としてバッファを作成しています。

鳥類の活動圏を推定し、適切な環境保全計画を策定できます。

おわりに

上記の例からわかるように、対象物があり、それを基準とした等距離範囲を作図すると、対象物との空間的な位置関係が鮮明に浮き上がってきます。

さまざまな用途で活用できるバッファ機能、あなたならどのような用途で利用しますか?

<地図データ出典>国土地理院発行の基盤地図情報(縮尺レベル25000)

GISソフトをお探しなら

GISソフトをお探しの方、現在お使いのGISに課題を感じている方は、ぜひGIS(地理情報システム)製品SISをご利用ください。
SISの資料をダウンロードする

SISやGISに関するご相談を承っております

相談する(無料)

記事の評価をお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

空間情報クラブ編集部

空間情報クラブ編集部です。GISソフトの便利な機能をご紹介する活用講座やGIS用語解説、地図、位置情報、AI機械学習などをテーマにしたコラムを掲載しています。ご意見・ご感想、寄稿、コラボ企画などありましたらぜひご連絡ください。お待ちしております!

-GIS用語解説
-,

© 2021 株式会社インフォマティクス