空間検索とは?

標準

2015年9月10日


GISではさまざまな検索を行うことができます。今回は空間検索についてご紹介します。

空間検索とは?

GISでは必要な図形を探す際に検索を行いますが、今回は「空間検索」という方法をご紹介したいと思います。

空間検索では、検索条件に文字を入力する代わりに、空間(領域)を指定します。では、「検索条件に空間を指定する」とはどういうことなのでしょうか?

たとえば、東京にある花屋を探したい場合、検索サイトで「花屋 東京」と入力すると、東京にある花屋(厳密には花屋のホームページ)が検索結果として表示されます。では、「自分のいる場所から100m以内にある花屋」を探したい場合、どうすればよいのでしょうか?

ここで「空間検索」の登場です。この場合、「自分のいる場所から100m以内」というのが検索条件になります。空間検索では、ある領域を条件として指定し、検索対象のデータと重ね合わせて検索します。このように、空間的要素(=領域)を検索条件とすることを、空間検索といいます。

領域を使った検索
領域(緑の円)を使って検索

複数の空間を組み合わせて検索する

インターネットで複数のキーワードを組み合わせて検索できるのと同様に(最初の例でいうと「東京 花屋」)、空間検索でも複数の空間を組み合わせて検索することができます。

たとえば、あなたは不動産仲介会社のスタッフ。お客さんの要望で最寄駅から近い物件を探しているとしましょう。以下の図のように、お客さんが提示した間取りや予算の条件を満たす物件が見つかりましたので、さらに立地条件で候補を絞り込みたいと思っています。お客さんは、駅から徒歩15分以内、電車の音が気にならないよう線路から200m以上離れている所がいいと言っています。さて、これらの立地条件を満たす物件候補を探すには、どのように検索すればよいでしょうか?

ここでまた空間検索の登場です。

特定の立地条件を満たす物件のみに絞って検索

手順としては、
1. 上記2つの立地条件を満たす領域を割り出す
2. その領域内にある物件を探す
という流れになります。ここでは、条件のうち一番広い領域(駅から徒歩15分以内)から、条件に当てはまらない領域(線路から200m以上離れた場所)を取り除くという方法をとります。

(1)まず、駅から徒歩15分以内の領域を求めます。ここでは1kmを15分で歩けると仮定し、駅から1km半径の領域を作図します。すると、以下のような円ができます。

駅から1km半径の領域を作図

(2)次に、線路から200mの領域を求めます。線路の両側から200メートル(合計400メートル)の幅を持った領域ができます。

線路の両側から200メートル(合計400メートル)の幅を持った領域を算出

(3)(1)の円の領域から(2)の領域を取り除きます。すると、検索条件となる空間ができます。

検索条件として使用する空間が完成

(4)最後に、(3)でできた領域データと物件のデータを重ね合わせて空間検索を行います。すると、お客さんが希望する領域(黄色い部分)に存在する物件のみが検出されます。

(2)のデータの領域内に存在する物件のみを検索

おわりに

このように、領域を条件として指定できると、検索結果の精度がアップし、これまで検索が困難だったような情報も簡単に探し出せるようになります。

皆さんも、ぜひGISで空間検索を活用してみてください 。