コラム ブログ

私が出会った風景 4|三原会長の自叙伝コラム

~東京 青山、市ヶ谷編 1980-1981~

 TLヤマギワ研究所に就職、照明設計を深堀

就職活動する中で、クロード・エンゲル(アメリカの照明デザイナー)の講演に感銘を受け、卒業後はTLヤマギワ研究所に就職を決めました。

そこでは国際的な照明デザイナーの第一人者である面出薫(めんで かおる)さんとともに仕事をしましたが、コンセプトとデザインが学べる楽しいものでした。

研究所では、照明設計をしながら照明のコンセプト誌(広報誌)の編集を担当していました。光の実験をしたり、話題性のある建築を取材したり、光の文化を考えたりという機会に恵まれ、貴重な経験になりました。

ここでの1年間は、学生時代に学んだことをすべて吐き出し、経験豊富な社会人の人たちと議論しながら仕事を進めるという、良い仕事環境に置かれていました。当時はバブル真っ只中でもあり、コンセプト誌の制作に予算も時間もたっぷり使うことができました。

市ヶ谷へ移転

社会人となって1年が過ぎる頃、研究所は市ヶ谷にある2階建てのショールームに移転。ここで運命的な出会いが待ち構えていました。

ショールームの建物はクロード・エンゲルの設計のもと、大型ビームの照明テストを行い、新宿NSビルの30階から吹き抜けを照らすという斬新なデザインでした。

1年が過ぎた頃、アメリカの照明事情を知りたくなり、1か月休暇をとってアメリカ各地の美術館巡りをしました。帰国後に、ショールーム1階に設立されるCADの会社で働くことになっていたので、アメリカで建築を見て回る旅は、照明設計との別れでもありました。

初めての海外渡航。旅行中は航空管制官のストの真っ最中で、飛行場で待たされるという経験もしました。

印象深かった場所はニューオリンズ。ジャズが流れる怠惰な雰囲気がとても気に入りました。一人バーに行き、ハーモニカを吹くおじさんと語らった若い日が懐かしい。

ニューヨークは、石造りの摩天楼に圧倒され、人々の歩くスピードに驚かされました。とにかく大きな皿に盛られたサラダと分厚いステーキにアメリカを実感しました。

グランドキャニオンの遊歩道には柵がなく、がけっぷちを歩くという壮大さなど、まったく違う世界に開眼するきっかけになりました。(posted by Shoichi Mihara)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

空間情報クラブ編集部

空間情報クラブ編集部です。GISソフトの便利な機能をご紹介する活用講座やGIS用語解説、地図、位置情報、AI機械学習などをテーマにしたコラムを掲載しています。ご意見・ご感想、寄稿、コラボ企画などありましたらぜひご連絡ください。お待ちしております!

-コラム, ブログ

© 2021 株式会社インフォマティクス