SIS活用講座 技術情報

SIS 9のご紹介 Part7 Tile Dataset・ライブラリ編

はじめに

「SIS 9」は、今年3月にサービスリリース「SIS 9 SR1」をリリースし、更に使いやすくなりました。今回はサービスリリースや、最近公開された機能を交えながら、SISの活用方法についてご紹介します。

図1:オンライン地図の読み込み・地図データの表現例

「テンプレート」機能で
このデータ、どの場所?問題を解決!

GISデータを入手して読み込んだものの、データが正しい位置に読み込まれているか不安・・。ということはないでしょうか?そのような場合は、SIS 9で一層充実した「テンプレート」機能がおすすめです。

例えば、入手した国立公園のGISデータを読み込む前に、SISに標準で用意されている地理院タイルをテンプレートとして選択して、そこに国立公園のデータを読み込みます。するとどうでしょう、入手したデータの位置を簡単に把握できるため、正しい位置に読み込まれているかどうかを確認できます。(図2)

図2:テンプレートを利用した読み込み

また、このテンプレートはカスタマイズ可能なため、よく利用する地域のベースマップをテンプレートに追加することができます。

SISのインストールフォルダの「Templates」フォルダにマップドキュメントファイルを配置するだけで一覧に表示されるようになります。(図3)

図3:テンプレートのカスタマイズ例

「Tile Dataset」で様々なオンラインマップを追加!

前述の「テンプレート」に標準で用意されている「地理院タイル日本」などは、SIS 9で新規に追加された「Tile Dataset」機能を利用しています。

「Tile Dataset」はオンライン地図をSISに読み込む機能ですが、国土地理院が最新の災害発生地域の地図を地理院タイルとして公開しているため、災害情報の迅速な分析にもたいへん役立つデータセットになっています。(図4)

図4:地理院タイルを利用した読み込み

SIS 9で色分け主題図を簡単に重ね合わせ可能に!

SIS 9では、色分け主題図の重ね合わせ設定が簡単になりました。

例えば「個別値主題図」と「レンジ主題図」を重ねて表現する場合、従来はオーバーレイをコピーする必要がありました。SIS 9では、下図のオプションが追加されたことで、ワンクリックで簡単に複数の色分け主題図の重ね合わせが行えます。(図5)

図5:色分け主題図の重ね合わせ

グラデーションブラシや標準案内用図記号をかんたん設定

SIS 9 SR1では、グラデーションのスタイルがライブラリに追加されました。

また、日常で見かけるピクトグラム「標準案内用図記号」についても、2017年改訂版に基づいて更新されたデザインをSISサポートページからダウンロードできるようになりました。これにより、SISを利用した地図表現がより美しく、簡単に行えます。(図6)
※SISユーザのみご利用可能

図6:グラデーション・シンボルの利用例

おわりに

このようにSIS 9では、テンプレートを利用したベースマップ、Tile Datasetを利用した最新の地図情報の追加、地図表現に関わる機能の充実が行われています。

旧バージョンを利用しているが、SIS 9はどれくらい便利になったの?と疑問をお持ちの方は、これまでのSIS活用講座も掲載されている弊社のWebサイトをご覧ください!

なお、こちらからはSISフリービューア「Desktop Express」もダウンロードいただけます!

SIS Desktopシリーズ 製品情報

SIS 製品情報

<地図データ出典>
OpenStreetMap data © OpenStreetMap Contributors
、国土地理院:地理院地図、基盤地図情報

※この記事は、GIS NEXT第71号に掲載された記事を編集したものです。

記事の評価をお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

株式会社インフォマティクス 空間情報クラブ担当

株式会社インフォマティクス 空間情報クラブ担当です。位置情報をはじめ、地図、システム、数学など幅広く読者の関心を集める情報を掲載しています。ご感想やご意見、掲載依頼などをお待ちしております!

-SIS活用講座, 技術情報
-, , , , , , ,

© 2020 空間情報クラブ|株式会社インフォマティクス