GIS用語解説

GISでの横断検索とは|複数レイヤ間で一括検索する方法

こんにちは、インフォマティクスの空間情報クラブ編集部です。

今回はGISで複数レイヤにわたって横断的に検索する方法についてご紹介します。

GISでの横断検索とは

GISでは、しばしば複数レイヤにまたがってデータが格納されています。

通常、○○データは○○レイヤ、▲▲データは▲▲レイヤのようにカテゴリ別に分けられていますが、それらのレイヤやアイテムが複数重なった状態で、ある地点に関する情報を一括して取得したいと思ったことはないでしょうか。

そんな時に便利なのが横断検索です。

横断検索機能を使うと、選んだ複数レイヤを対象として、指定座標位置上にある全地物の属性を一括して検出、確認できます。

レイヤを一つ一つ検索する必要がないため、スピーディに属性を見つけられます。

横断検索の属性

横断検索のメリット

1回の検索操作で多くの情報を得られる

複数レイヤにまたがる情報を1回の検索操作で取得できるので、各レイヤのテーブルを開いたり、各アイテムの属性を確認するなど、同じコマンドを何度も実行する手間が省けます。

同じ地点に複数アイテムが重なっている場合に便利

GISでは、同じ地点に複数アイテムが重なっている地点をクリックすると、アイテムの選択を促すメッセージが表示されることがあります。

横断検索では、複数アイテムが重なっていても、クリックするだけでその地点にある全アイテムのレイヤ名と属性が一覧表示されるため、簡単な操作で済みます。

カスタマイズすれば、表示対象となるレイヤや属性を制御することもできます。

おわりに

GISでも横断検索を利用すれば、各レイヤのテーブルビューを開いて属性を1つ1つ確認したり、どのようなレイヤがあるかを気にすることなく、いろいろな地物の情報を簡単に検出、確認できます。

属性情報は地図上に表示されていないことが多いのですが、横断検索で属性を一覧表示すると有益な情報が得られることがあります。

「複数レイヤから○○の情報を調べたいんだけど、面倒そう。効率よく検索できる方法がないかな」と思ったら、ぜひ横断検索機能を使ってみてください!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

空間情報クラブ編集部

空間情報クラブ編集部です。GISソフトの便利な機能をご紹介する活用講座やGIS用語解説、地図、位置情報、AI機械学習などをテーマにしたコラムを掲載しています。ご意見・ご感想、寄稿、コラボ企画などありましたらぜひご連絡ください。お待ちしております!

-GIS用語解説

© 2022 株式会社インフォマティクス