属性検索とは?

標準

2014年11月28日


今回は属性検索についてご紹介します。

属性検索とは?

検索はコンピュータが得意とする機能の1つです。この「データの集まりの中から、指定した条件に合う情報を抜き出す」機能により、私たちは大きな恩恵を受けています。

さて、GISでは建物や行政界といった地図上の図形に様々な情報(=属性)を加え、さらに、さまざまな方法で条件を指定し、これらの情報を検索して、その条件に合致する図形を地図上で確認することができます。この機能を「属性検索」と呼びます。
それでは、属性検索の具体的な使い方をいくつか見てみましょう。

「○△」という建物はどこにある?

建物の名前はわかるけど、それがどこの場所にあるかがわからない、ということがあります。こんな時、紙地図の場合、隅から隅まで見て探すしかありませんが、電子地図の場合、建物に建物名(=属性)が割り当てられていれば、簡単に場所を探し出すことができます。

例えば、「川崎マンション」という建物を探すには、「名前」という属性に、「川崎マンション」という値が設定されている建物を検索します。すると、その建物が地図上のどこにあるかがひと目でわかります。しかも、データベース検索で単に「○○町○丁目○番地」というテキストベースでの住所情報が得られるのとは違い、地図上での位置がわかるので、そのマンションの最寄り駅はどこか、駅から近いか遠いか、どの方向にあるか、周囲に目印となる施設はあるか、などがすぐに確認できます。
属性検索

古い木造建物が密集している地域は?

防災計画の検討時に、古い木造建物の密集する地域を確認したい場合、建物に「構造」「建築年」という属性が割当てられていれば、次の2つの条件の両方に合う建物を検索で探し出すことができます。
・構造が「木造」
・建築年が「1980年より前」

この検索で、1980年以前に建てられた木造建物が地図上に表示されるため(下図の赤色部分)、密集度合いや場所を視覚的に瞬時に把握できます。
属性検索

SISでは、検索条件を指定する際、演算子や関数を組み合わせたり、「フィルタ」機能を使って条件を保存するなど、工夫次第でさまざまな検索が可能です。上記2つの例からわかるように、GISでの属性検索の大きな特長は、検索結果が地図上で「見える化」されることです。単に数値や文字だけで表示されるよりも格段に理解しやすく、現状把握や分析などに大変役立ちます。

皆さんも、ぜひ属性検索を使って地図の活用範囲を大いに広げてみてください。

地図データ出典:国土地理院発行の基盤地図情報(縮尺レベル25000)、株式会社ゼンリン Zmap-TOWNⅡ(®2011 ZENRIN CO.,LTD.(Z11LD第395号))を使用したものです。