測量

3D測量 コラム

点群(ポイントクラウド)とは|データの取得方法・変換処理・利用例

こんにちは、インフォマティクスの空間情報クラブ編集部です。 国土交通省の「i-Construction」施策推進などにより、3次元レーザースキャナーによる計測が普及してきました。この計測で取得されるの ...

コラム 地図マニアな日々

マニアックな地図グッズの世界

地図柄バッグへの憧れ 遡ること20数年前のバブル期、多くの人がグッチやプラダ、ヴィトンといったブランドもののバッグを持って街を闊歩していた時代に、個人的にひと際おしゃれに見えたのが世界地図をモチーフに ...

コラム 地図マニアな日々

正射投影とは|特徴・中心投影との違い

正射投影と中心投影 私たちが目にする地図の多くは、基本的に現実世界が正射影で表現されたものだ。 正射影とはすなわち、地上を真上から写しているということ。「いや、地図なんだから真上から見るのは当たり前で ...

コラム 地図マニアな日々

悩ましきネーミングライツ|公共施設への命名権と地図掲載

合法的に地図に名前を掲載する 自分の名前や自分の会社の名前が地図に載っていたら楽しいだろうな、というのは誰しも一度は思うところだ。 もちろん、住宅地図などであれば家屋1軒1軒について名称が記されている ...

コラム 地図マニアな日々

4月19日「地図の日」を考える|意外な制定経緯が発覚

4/19記念日「地図の日」を考える 今年もゴールデンウィークが過ぎた。私たち庶民にとって、休みが続くことは嬉しいものだが、連休のそれぞれの日が何の記念日なのかは案外忘れてしまっていたりする。 たとえば ...

コラム 人と星とともにある数学 数学・数学者

伊能忠敬の測量を支えた数学

2021/1/8    ,

紀元前236年にプトレマイオス3世によってアレクサンドリアの図書館長に任命されたエラトステネス(前284-192頃)。 シェナの町では夏至の日に太陽の光が井戸の底に届くことを知ったことをきっかけに、地 ...

コラム 人と星とともにある数学 数学・数学者

三角測量の歴史|地図と数学

三角関数が地球上と天球上における測量のために作られた言葉であることを、これまでの連載で取り上げてきました。 基線の距離だけを計測すれば、その後は角度だけを繰り返し測ることで到底計測できないエリアの正確 ...

© 2021 株式会社インフォマティクス