江戸時代

コラム 人と星とともにある数学

人と星とともにある数学 第38回:関孝和の最大の理解者、建部賢弘 ~『発微算法演段諺解』の反撃~

関孝和『発微算法』の衝撃 前回は、江戸の数学は遺題継承によって発展したことを紹介しました。関孝和の名を全国に轟かせるきっかけとなったのが、『古今算法記』(沢口一之著)の遺題を解いてみせたことでした。 ...

コラム 人と星とともにある数学

人と星とともにある数学 第37回:江戸の数学を発展させた遺題継承 ~関孝和の鮮烈デビュー~

吉田光由の挑戦状~『新篇塵劫記』(1641年) 前回は『塵劫記』の魅力と著者・吉田光由を紹介しました。 実に多くの実用問題・数学パズルそして見事なイラストの豊富さといった『塵劫記』の特徴は、数学入門書 ...

コラム 人と星とともにある数学

人と星とともにある数学 第36回:江戸のミリオンセラーは数学書『塵劫記(じんこうき)』~驚異の数学書の正体~

数学嫌いがたくさん生まれる数学大国・日本 今から400年前、1627年に1冊の数学書が誕生しました。『塵劫記(じんこうき)』は一気に全国に広まり、子供から大人まで空前の数学ブームを巻き起こすことになり ...

Copyright© 空間情報クラブ|株式会社インフォマティクス , 2020 All Rights Reserved.