コンピュータ

コラム 人と星とともにある数学

人と星とともにある数学・第46回:正方形分割正方形問題 後編

ケンブリッジ大学の4人組によるブレイクスルー ここから堰を切ったように単純完全正方形分割正方形が発見されていくことになりました。その大きなブレイクスルーはケンブリッジ大学の4人の大学生によってなされま ...

『カンタベリー・パズル』の“イザベル夫人の小箱”(1902年) 正方形の真ん中の数は一辺の長さを表します。

コラム 人と星とともにある数学

人と星とともにある数学 第45回:正方形分割正方形問題 前編

清少納言知恵の板、裁ち合わせ、魔方陣と江戸時代の正方形パズルを紹介してきましたが、世界が挑戦し続け解決された正方形の難問を紹介します。 正方形分割正方形Squared Square ルジンの問題 Sq ...

コラム 人と星とともにある数学

人と星とともにある数学 第44回:魔方陣

江戸時代の正方形パズルに挑戦 その3 方とは四角 第42回「清少納言知恵の板」、第43回「裁ち合わせ」と続いてきた江戸時代の正方形パズル、今回は魔方陣。 「まほう」ときけば、魔法が思いつくでしょう。魔 ...

『勘者御伽双紙』(上巻)裁ち合わせ問題の解答

コラム 人と星とともにある数学

人と星とともにある数学 第43:裁ち合わせ

江戸時代の正方形パズルに挑戦 その2 前回「清少納言知恵の板」シルエットパズルの解答 「清少納言知恵の板」は正方形を分割した7つのパーツを用いてさまざなな形をつくるシルエットパズルです。今回はその逆で ...

コラム 人と星とともにある数学

人と星とともにある数学 第42回:清少納言知恵の板

江戸時代の正方形パズルに挑戦 その1 パズルは今も昔も、大人も子どもも魅了しています。清少納言知恵の板は、正方形を分割して得られる7つの三角形や四角形のタイルを用いてさまざまな影絵の形を作るシルエット ...

コラム 人と星とともにある数学

人と星とともにある数学 第41回:桂田芳枝 ~数学で日本初の女性理学博士~

「高次空間の非ホローム系に於けるextensorのオペレーションについて」。 桂田芳枝は、この論文で1950年に我が国初の数学の女性理学博士となりました。 桂田芳枝は1911(明治44)年北海道余市郡 ...

コラム 人と星とともにある数学

人と星とともにある数学 第40回:建部賢弘 ~算聖関孝和と理系将軍吉宗に認められた天才数学者~

2002年12月6日 π計算世界記録更新1兆2411億7730万桁 円周率の計算において初の1兆桁オーバーの世界記録は、東京大学金田康正チームによってなされました。東大に納入されたばかり当時世界最速ス ...

コラム 人と星とともにある数学

人と星とともにある数学 第39回:算聖関孝和の数学

世界に先駆けて発見された「関・ベルヌーイ数」と「関の公式」 関孝和の業績 関孝和が算聖と讃えられるのはその業績の質と量ゆえです。 傍書法(代数式の表し方とその計算法)、ホーナー法(多変数高次方程式の解 ...

コラム 人と星とともにある数学

人と星とともにある数学 第38回:関孝和の最大の理解者、建部賢弘 ~『発微算法演段諺解』の反撃~

関孝和『発微算法』の衝撃 前回は、江戸の数学は遺題継承によって発展したことを紹介しました。関孝和の名を全国に轟かせるきっかけとなったのが、『古今算法記』(沢口一之著)の遺題を解いてみせたことでした。 ...

コラム 人と星とともにある数学

人と星とともにある数学 第37回:江戸の数学を発展させた遺題継承 ~関孝和の鮮烈デビュー~

吉田光由の挑戦状~『新篇塵劫記』(1641年) 前回は『塵劫記』の魅力と著者・吉田光由を紹介しました。 実に多くの実用問題・数学パズルそして見事なイラストの豊富さといった『塵劫記』の特徴は、数学入門書 ...

Copyright© 空間情報クラブ|株式会社インフォマティクス , 2020 All Rights Reserved.