アプリ コラム ジオ三昧のススメ 地図・地理

ベクトル地図にも対応、オフラインで使える登山地図アプリ|YAMAP(ヤマップ)

緊急事態宣言が解除され、遠出して紅葉などを楽しもうと計画している人も多いと思うが、そんな人におすすめなのがスマホの登山地図アプリ。

中でも注目なのが、電波の届かない場所でも現在地を共有できる「みまもり機能」や、ベクトル地図を使ったヘディングアップ表示など、ほかにはないユニークな機能を搭載する「YAMAP」(提供:株式会社ヤマップ)だ。

今回は「YAMAP」の概要と、最近追加された新機能やサービスを見ていこう。

YAMAPの概要

YAMAPは、電波が届かない山の中でも使用できる登山地図アプリ。

山へ行く前にあらかじめ登る山の地図をスマホにダウンロードすることにより、オフラインで地図を利用することが可能となる。

地図上ではスマホのGPSを使って現在地を確認することも可能で、コースタイム入りの登山ルートを確認することもできる。

また、登山ルートの途中にある避難小屋やトイレ、注意箇所、野営地などの情報も掲載しているほか、YAMAPに登録している他のユーザーによる投稿や、駐車場の情報なども載っている。

地図は国土地理院の地形データをベースとしており、10mごとの等高線が入っていることに加えて、陰影も入っているので地形を把握しやすい。

山行前に地図を使って登山計画を作成することも可能で、山行中は登山者の歩行ペースに合わせて目的地までの到着時刻を予測する「到着時刻予測」機能も利用できる。

登山計画上の到着時刻と実際の到着時刻との差がひと目でわかり、歩行ペースに合わせて到着予測時刻が自動的に修正される。

ダウンロードする地図を選択

コースタイム入りの登山地図をダウンロード可能

山行記録を「活動日記」として公開

自分の山行記録を「活動日記」として公開することも可能で、SNSのような使い方もできる。

また、歩いた距離や登った都道府県をビジュアル表示して、登頂した山のランキングなどを簡単に把握できる「ダッシュモード」機能も備えている。

なお、YAMAPは無料でも利用可能だが、無料ユーザーの場合は1カ月にダウンロードできる地図の数が2枚まで、アプリに保持できる地図の数も2枚までと制限されている。

ほかにも登山ガイドブック機能のブックマーク登録数は10件まで、活動日記への写真アップロード数も50枚までと、無料プランではさまざまな制限がある。

有料プランの「YAMAPプレミアム」(月額480円または年額3,480円)に申し込めば、1カ月にダウンロードできる地図の数やブックマーク登録数、活動日記への写真アップロード数などが無制限となり、アプリに保存できる地図の数も50枚までとなる。

YAMAPユーザー同士のすれ違いで位置情報を共有

ほかの登山地図アプリにはないユニークな機能として注目したいのが、2019年に提供開始した「みまもり機能」だ。

この機能は、山行中のGPSの位置情報を家族や友人などに随時通知できる機能で、遭難が発生した場合でも救助のための有用な情報となる。

最大の特徴は、携帯電波が届かない場所の位置情報も共有できる点で、オフライン時にYAMAPユーザー同士が山の中ですれ違った場合は、お互いの位置情報を交換し、どちらかがオンラインとなったときに相手の情報をYAMAPのサーバーへと送信する仕組みとなっている。

これはBluetooth対応の紛失物トラッカーなどで採用されている「クラウドトラッキング」という技術とも似ている。YAMAPを使う人が多ければ多いほど、ユーザー同士のすれ違いが発生しやすく、安全網を広げることができる。

また、送信された位置情報は、アプリ利用者が事前に登録しておいた通知者宛に通知メールが届く仕組みになっており、家族などに自分の位置情報を知らせることも可能となる。

家族が通知メールに記載されたリンクをクリックすれば、登山者の位置情報を地図上で確認することができる。

すれ違いで共有した位置情報をオンライン時に送信

ベクトルタイルを使った「新・ベーシック地図」を提供開始

YAMAPでは2021年9月に、従来の登山地図に加えて、地図がスマホ上で進行方向にあわせて自動回転する「新・ベーシック地図」を提供開始した。

この地図は、国土地理院のベクトルタイルを活用したもので、従来のラスタータイル(画像タイル)の地図とは異なり、地図を回転させても注記(地図上の文字)の向きが変わらない。

従来の地図は北向き固定で、現在地マークの方向表示のみが回転する「現在地追従モード」のみだったが、「新・ベーシック地図」では、地図が回転して現在地マークの方向表示は上向き固定される、カーナビのヘディングアップ表示のような新モード「現在地+方向追従モード」を利用できる。

これにより画面上の地図の方向が連動するため、より直感的で道迷いが起こりにくい地図閲覧が可能となる。

「新・ベーシック地図」は現在、試験的機能として提供されており、従来のベーシック地図とどちらを使用するかを選択できる。ヤマップは「新・ベーシック地図」の提供を通じて得られた知見を国土地理院と共有しながら、ベクトルタイルの品質向上に貢献していく方針だ。

ベクトルタイルによる現在地+方向追従モードを新搭載

全国の紅葉写真を見られる「リアルタイム紅葉モニター」

ヤマップでは、登山地図アプリ「YAMAP」のユーザーがアップロードした写真データをもとに、直近7日間以内に撮影された紅葉写真をウェブサイト上に集約表示する「リアルタイム紅葉モニター」を2020年度から提供開始している。

リアルタイム紅葉モニターでは、表示されている地図のエリア内で撮影された写真をサムネール形式で一覧することが可能で、地図をズームインすると撮影地点を確認でき、写真を選択すると撮影者が歩いたルート情報も確認できる。その情報をもとに登山者が後日、紅葉スポットにたどり着くことができる。

提供初年度となった2020年度では、累計12万5,690枚の紅葉写真が集まり、全国さまざまな紅葉スポットの情報が寄せられたという。

紅葉シーズンを迎えた今、このリアルタイム紅葉モニターの情報をもとに、山に行って紅葉を楽しんでみてはいかがだろうか。

リアルタイム紅葉モニター

■URL

※本記事で紹介した製品・サービスに関する詳細は、提供会社様あてにお問い合わせください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

空間情報クラブ編集部

空間情報クラブ編集部です。GISソフトの便利な機能をご紹介する活用講座やGIS用語解説、地図、位置情報、AI機械学習などをテーマにしたコラムを掲載しています。ご意見・ご感想、寄稿、コラボ企画などありましたらぜひご連絡ください。お待ちしております!

-アプリ, コラム, ジオ三昧のススメ, 地図・地理

© 2021 株式会社インフォマティクス