コラム

屋内ナビが道案内|大型施設・駅構内のナビゲーションに便利なシステム

11月 10, 2020

皆さんこんにちは。齊藤です。

皆さんは大規模な商業施設や広い駅構内で迷ってしまい、どっちの方向に行けばいいのか、今自分はどの場所にいるのか、案内板はどこにあるのかと思われた経験はないでしょうか。

大型ショッピングセンターで子供が迷子に

先日家族で買い物に出かけたときのことです。その日初めて行った大型ショッピングセンターには地下フロアがなく、12階が駐車場、36階が店舗になっていました。

用事を済ませてそろそろ帰ろうと、3階でエレベータに乗りこみました。ちょうど帰り時間のタイミングだったのかエレベータ内は混んでいて、2階で多くの人が降り、我々は1階で降りました。

駐車場方向に歩き出そうとしたところ、長男(小1)の姿が見えません。すぐに、はぐれたことに気づきました。

間違いなく3階から一緒にエレベータに乗った。でも1階にはいない。降りるときにエレベータ内に残っていたとしても、さすがに気づくだろうから、間違って2階で降りたのだろうとおおよその察しがつきました。

長男がエレベータで降りてくるかもしれないので、妻と長女をその場に残し、私が探しに行くことにしました。

すぐにエレベータの上りボタンを押しましたが、こういう時に限ってなかなかこないものです。そこで階段で行こうと思い周りを探したのですが、近くに階段が見当たりません。少し慌てましたが、2階エレベータホールに最速で行ける方法を見つければ大丈夫、と自分に言い聞かせると落ち着きを取り戻せました。

現在地(1階)のエレベータホールとは別のエレベータホールに階段が併設してあったことを思い出し、駐車場内を大急ぎで走り抜け階段を駆け上がり、2階駐車場内をダッシュで走ってエレベータホールまでたどり着きました。

するとそこに長男がポツンと立っていて、無事再会することができました。

当人曰く、「もし迷子になったらその場を離れずに助けを待つこと」という本で読んだ教えを思い出し、じっとしていたとのこと。むしろ「エレベータからお父さんがくると思ったのに、違う扉から登場したのが面白かったな」などと呑気な様子。

このフロアは駐車場なので、エレベータホールから出れば交通事故にあう危険性があるし、かといってエレベータに乗って店舗フロアに行かれたら探すのが大変になりそうです。

もし私が迷子の立場だったら、動揺して間違いなく親を探しまわり、結果大騒ぎになっていたと思われます。私はその場を動かずじっとしていた息子を褒めて、頭をクシャクシャしてやりました。

はぐれたことに気づいて見つけるまで時間にすれば数分程度だったかと思いますが、親としては肝を冷やした一件でした。

こんなとき猫型ロボット○○えもんがいたら、もっと簡単に探し出せたんだろうなと、ひみつ道具を調べてみると迷子探し機なるものがありました。

この道具は美味しそうな匂いを出して空腹の人を誘い寄せるというもので、迷子がいる場所を特定し、ナビゲーションしてくれるのではなく、迷子側を吸い寄せるという逆転のコンセプト。これはこれで面白い発想ですが対象者が空腹でないと効かないし、対象外の人も寄ってくる可能性があります。

施設内で道案内してくれる屋内ナビゲーションがあったら

お子さんが迷子になったりご自身が迷子になったことがある方なら、こんなとき

もっとスマートに探せる仕組みがあったら ...
自分が今いる場所を表示できるツールがあったら ...
目的地まで道案内してくれる屋内ナビゲーションがあったら ...

と思われたことがあるのではないでしょうか。

インフォマティクスが扱っている「Mappedinは、まさにこういった悩みの解決に役立つ屋内ナビゲーションシステムです。Mappedinは迷子探しに特化したサービスではないのですが、スマホで施設の図面が見られますし、目的地までのナビゲートも可能です。

詳細についてはMappedinの専用サイトを見ていただければと思いますが、ペーパーレスなだけでなく、昨今叫ばれているDX(デジタルトランスフォーメーション)の一例ともなり得るサービスです。

大規模な商業施設や広大な駅構内では大人でも迷子になるものです。こういった屋内ナビゲーションサービスがあれば、安心・快適な移動が実現できると思います。

記事の評価をお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

空間情報クラブ編集部

空間情報クラブ編集部です。GISソフトの便利な機能をご紹介する活用講座やGIS用語解説、地図、位置情報、AI機械学習などをテーマにしたコラムを掲載しています。ご意見・ご感想、寄稿、コラボ企画などありましたらぜひご連絡ください。お待ちしております!

-コラム
-

© 2020 株式会社インフォマティクス