GISソフト「SIS」活用講座 技術情報

GISソフト「SIS」9のご紹介 Part9 空間解析編

10月 30, 2020

はじめに

前回に続き、「SIS 9」の新機能のうち、空間解析などに役立つ機能をご紹介します。

複数のDBテーブルとのテーブル接続が可能に!

SIS活用講座第11回で、データベースの情報を図形にリンクする「テーブル接続」をご紹介しましたが、SIS 9では、複数のDBテーブル(以下、DB)と接続が可能です。

図1は、東京都23区の地図データと、「人口データ」「公園データ」の2つのDBの情報を紐づけた例です。地図と結び付けたいDBが複数あった場合でも、DB側で1つのテーブルに加工しなくてもテーブル接続できます。

JoinItem関数と、SIS 9で追加された属性テーブルデータセットを利用します。

図1. 複数のDBテーブルとのテーブル接続

------------------------------------------------------------------------------
フォーミュラ(※コピー&ペーストする場合はこちらをご利用ください)
JoinItem(Overlay("人口データ", {Code&=this.admCode&})).人口&
JoinItem(Overlay("公園データ", {区名$=this.Name$})).総数&
JoinItem(Overlay("公園データ", {区名$=this.Name$})).総面積#
-------------------------------------------------------------------------------

DBから参照した人口と公園の情報を元に、区ごとの1人あたりの公園面積(公園面積/人口)を算出し、3Dで表現したのが図2です。地図データ自体に必要な情報がなくても、csv、xlsx、accdbなどの外部ファイルの情報をSISから参照して、分析に役立てることができます。

図2. フォーミュラで1人あたりの公園面積を算出
3D立ち上げ主題図で可視化!

複数キーのテーブル接続も可能に!

複数キーを利用したテーブル接続も可能です。図3は江戸川区の地図データと、町名、丁目の複数キーでテーブル接続した例です。

図3. 複数キーでテーブル接続

---------------------------------------------------------------------------------------
フォーミュラ(※コピー&ペーストする場合はこちらをご利用ください)
JoinItem(Overlay("江戸川区公園データ",{町名$=this.Major$ AND丁目$=this.Minor$})).都市公園数&
JoinItem(Overlay("江戸川区公園データ",{町名$=this.Major$ AND丁目$=this.Minor$})).都市公園面積#
---------------------------------------------------------------------------------------

SQLでエリアごとに面積を集計!

SIS 9で追加されたSQLコンソールを利用して、23区の地図データに設定されている属性情報「分類」(城東、城西、城南、城北)ごとに、公園面積を集計して、どこのエリアに多いか調べてみましょう。SQLコントロールバーに以下のSELECT文を入力すると、エリアごとの公園の面積の合計が集計されます。

図4. SQLクエリで簡単集計!

集計結果により、城東エリアの公園面積が多いことが分かります。SQLコンソールは、SQLiteをベースとして、SQLite SELECT文をサポートしており、各種分析に役立てることができます。

新関数Caseで場合分けの記述が簡単に!

SIS 9では多くの新関数が追加されていますが、そのうち、場合分けの記述に便利なCase関数をご紹介します。

図5-1は、地図データに、都市公園のポイントデータを読み込んでいます。このポイントデータには公園の「種類」の情報が入っているので、ラベル表示して、種類ごとの分布状況を調べてみましょう。

図5-1. 公園ポイントデータと種類(数字)

「種類」は数字で入っていますが、ラベル表示する場合は、文字の方がわかりやすいので、条件分岐に便利な新関数Caseを利用して記述します。

図5-2. Caseで場合分けの記述がより簡単に!

OSRMルート検索

OSRM(Open Source Routing Machine)を使用したルート解析が可能になりました。

図6は、23区の出発地点から千葉県の観光地への最短ルートを調べた例です。ベクタの道路データを用意しなくても、ネットワークデータ(pbf)を無料でダウンロードし、OSRMデータベースに変換して利用できます。

SIS9には横浜のサンプルデータが搭載されていますが、他の地域で利用する場合は、OSRMデータベースの作成手順をSISサポートサイトでご紹介していますので、ぜひご利用ください。

図6. OSRMを利用したルート検索

おわりに

いかがでしたでしょうか?引き続き、次回の講座でもSIS 9についてご紹介しますので、どうぞお楽しみに!

OSRMルート検索につきましては、SISサポートページにログインしていただき、FAQ のID「1082」をご覧ください。

SIS Desktopシリーズ 製品情報

SIS 製品情報

<地図データ出典>
国土地理院 地理院地図、基盤地図情報、政府統計の総合窓口(e-Stat)(https://www.e-stat.go.jp/)、東京都公園調書より抜粋

※この記事は、GIS NEXT第73号に掲載された記事を編集したものです。

記事の評価をお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

空間情報クラブ編集部

空間情報クラブ編集部です。GISソフトの便利な機能をご紹介する活用講座やGIS用語解説、地図、位置情報、AI機械学習などをテーマにしたコラムを掲載しています。ご意見・ご感想、寄稿、コラボ企画などありましたらぜひご連絡ください。お待ちしております!

-GISソフト「SIS」活用講座, 技術情報
-, , ,

© 2020 株式会社インフォマティクス