地理教育

2022年 高校「地理総合」必修化に向けて
「地史まっぷ」活用講座 Part1 入門編
世界地図を使って人口問題に関する授業をしよう!

9月 24, 2020

はじめに

2018年の学習指導要領の改訂により、2022年から高等学校教育で「地理総合」が新たに必修科目となることが決定しました。

「地理総合」の授業では、従来の紙地図を用いた教育に加えて、GIS(地理情報システム)を活用して地理的な情報を調べ、分析したり考察したりする技能の習得が目標の1つとなっています。

そこで空間情報クラブではシリーズで、インフォマティクスの地理教育向けWebGISサービス「地史まっぷ」(じーしーまっぷ)を利用した授業をチュートリアルムービーでご紹介していきます。

第1回目の今回は、世界地図で人口問題をテーマに、「地史まっぷ」の画面操作、図形の選択や属性情報の確認など基本的な操作もあわせてご紹介します。

地史まっぷは、学校の授業で手軽に使える地図共有サービスです。まずはブラウザを起動して、地史まっぷを表示してみましょう。... 続きはムービーをご覧ください。

ムービーのトピックス

このムービーの主なトピックスは以下のとおりです。
ムービー下部のスライダーで再生開始時間を調整して途中からご覧いただくこともできます。

再生開始時間 トピックス
0:20 地史まっぷにアクセスして、地図を表示してみよう
利用する世界地図のURLはこちら
(チュートリアルデータ1-世界人口問題)
0:40 地図の拡大(ズームイン)、縮小(ズームアウト)、移動(パンニング)表示してみよう
1:30 各国の属性情報を確認してみよう
2:40 世界地図を使って、人口について考察しよう
4:40 世界地図を使って、平均寿命について考察しよう

ワンポイントレッスン:用語解説

GISとは「Geographic Information Systems(地理情報システム)」の略です。

電子地図データとさまざまな情報を関連付け、地図上に表示させ、作図・編集・検索・分析などを行うシステムです。

デスクトップPC にインストールして利用する「デスクトップGIS」や、インターネットを使って操作できるようにした「WEB GIS」などがあります。

詳細はこちら(空間情報クラブ「GISとは」)

おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介した内容は、お申し込みなしでお試しいただける内容となっていますので、ムービーを見たあとで、ぜひ、チュートリアルデータ1-世界人口問題にアクセスして操作してみてください。(※主題図の設定や、別データを読み込む場合は、お申し込みいただくことで操作可能です。)

レンジ主題図の具体的な設定方法については、第2回でご紹介します。

また、今回ご紹介したほかにも「地史まっぷ」には授業で活用できる様々な機能があります。それらも追ってご紹介していきたいと思います。

どうぞご期待ください!

関連情報

 

インフォマティクスのGIS空間情報事業について詳しくお知りになりたい方へ

記事の評価をお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
GIS 空間情報クラブ編集部

GIS 空間情報クラブ編集部

GIS 空間情報クラブ編集部です。GIS(地理情報システム)の活用方法をご紹介するコラムやGIS用語解説をはじめ、地図、位置情報、数学をテーマにしたコラムを掲載しています。ご意見・ご感想、掲載依頼、コラボ企画などありましたらぜひご連絡ください。お待ちしております!

-地理教育
-,

© 2020 株式会社インフォマティクス