江戸時代

コラム

人と星とともにある数学 第38回

関孝和の最大の理解者、建部賢弘 ~『発微算法演段諺解』の反撃~
コラム

人と星とともにある数学 第37回

江戸の数学を発展させた遺題継承 ~関孝和の鮮烈デビュー~
コラム

人と星とともにある数学 第36回

江戸のミリオンセラーは数学書『塵劫記(じんこうき)』~驚異の数学書の正体~