ジオ三昧のススメ

スマホに入れておきたいおすすめの地図・位置情報アプリ 第8回:恋するマップ~女子ちず~

地図や位置情報を活用したスマートフォンアプリを紹介するこの連載、第8回となる今回は、女性向けの地図アプリ「恋するマップ~女子ちず~」を紹介する。

恋するマップ~女子ちず~

「恋するマップ~女子ちず~(以下、『女子ちず』と表記)」は、数ある地図アプリの中でも珍しい、女性ユーザーを強く意識したアプリだ。

最も大きな特徴は、地図画面の周囲に写真アプリのようなフレームが付いていること。地図の端が丸く切れている独特のデザインで、右上には「チャーム」と呼ばれる小さな飾りも付いており、画面を傾けると揺れるようになっている。

「着せ替え」のメニュー

これらのフレームやチャームはさまざまなデザインが「着せ替え」として用意されている。女性が好みそうなかわいい絵柄のほか、日本ハムファイターズや広島カープなどのプロ野球チームやとのコラボレーションしたデザインや、コミック作品とのコラボレーションによるデザインも用意している。また、有料デザインとして、フレームを消す「シースルー」というデザインも用意している。

「日本ハムファイターズ」とのコラボレーションデザイン

「シースルー」のフレーム

フレームやチャームだけでなく、地図そのもののデザインも、ふつうの地図アプリとはひと味違う。地図が苦手な人にもわかりやすいように、淡い色で表現した地図デザインを採用しており、施設を表すアイコンは、交番は警官の顔、遊園地は観覧車、病院は救急車、学校や寺は建物とわかりやすいデザインを採用している。また、地下鉄の出口番号が大きめに記載されているのもわかりやすい。

地下鉄の出口番号を大きめに記載

特定のジャンルの施設を際立たせて地図上に配置する機能も搭載しており、ジャンル検索において「カフェ」や「靴修理店」、「100円ショップ」、「ドラッグストア」、「コンビニ」、「クーポン」などの中から選ぶと、地図上に大きめのアイコンが表示される。

この中には「シェルター(避難所)」という項目もあり、学校など、災害時に避難所として使われる施設が、人気キャラクターのガチャピンの絵で表示される。

「シェルター(避難所)」でジャンル検索

さまざまな企業やプロジェクトとのコラボレーション企画があるのも「女子ちず」ならではの特徴だ。たとえば2017年12月には、茨城県小美玉市と、株式会社ツヴァイ、移住情報誌「TURNS」、株式会社電通の共同プロジェクト「ミライカレッジ」と共同で、ジャンル検索において「小美玉市バージョン」のアイコンを追加した。

「小美玉市バージョン」では、ミライカレッジに参加した首都圏在住の女性と小美玉市住民が協力して小美玉市で調査し、取材した女性向けのスポット全59カ所を「食」「体験」「パワースポット」などの5ジャンルに分けて、地図上に表示している。これら5ジャンルのアイコンは、小美玉市のマスコットキャラクター「おみたん」の5種類のイラストを使用している。なお、小美玉市についてはフレームの着せ替えも用意している。

小美玉市の女性向けスポットの情報を収録

このほか、女性向けアプリならではの情報として、「きれいなトイレ情報」も収録している。これらの情報は、女性でも使いやすい、清掃が行き届いたトイレの情報をスタッフが独自に集めて紹介しているもので、トイレの中の写真も収録している。

詳細情報には、洋式数と和式数やウォッシュレットの有無、ペーパータオルの有無、おむつ換えシートや授乳スペースの有無などさまざまな情報を収録している。

厳選したトイレ情報を収録

女性にとって役立つ情報も豊富に収録しているこのアプリは、育児のための情報源としても活用できる。残念ながらナビゲーションの機能は搭載されていないが、ふつうの地図アプリにはないさまざまな情報を収録しているので、試しに使ってみてはいかがだろうか。

■URL
恋するマップ~女子ちず~

執筆者ご紹介  片岡義明(かたおかよしあき)様
フリーランスライター。ITの中でも特に地図や位置情報に関することを中心テーマとして取り組んでおり、インターネットの地図サイトから測位システム、ナビゲーションデバイス、法人向け地図ソリューション、紙地図、オープンデータなど幅広い地図・位置情報関連トピックを追っている。測量士。インプレスR&Dから書籍「位置情報トラッキングでつくるIoTビジネス」、「こんなにスゴイ!地図作りの現場」、共著書「位置情報ビッグデータ」「アイデアソンとハッカソンで未来をつくろう」が発売。