ジオ三昧のススメ

スマホに入れておきたいおすすめの地図・位置情報アプリ 第4回:大江戸今昔めぐり

地図や位置情報を活用したスマートフォンアプリを紹介するこの連載、第4回となる今回は、iOS/Android向けの古地図アプリ「大江戸今昔めぐり」を紹介する。

大江戸今昔めぐり

大江戸今昔めぐりは、江戸末期の古地図を完全描き起こしで再現した古地図アプリだ。一般的な古地図アプリは、現存する1枚の古地図をデジタルデータ化したものが多いが、当然ながら現代の地図と重ねると方角や地形などがうまく重ならない。また、古地図に記載されている文字は、そのままでは読みにくいという問題もある。

大江戸今昔めぐりは、現存する古地図をそのまま収録するのではなく、新たに描き起こすことにより、スマートフォン上で現代の地図と古地図をぴったりと重ね合わせることが可能となっている。また、文字も読みやすく、幅広い年齢層が楽しめるアプリとなっている。

現代地図と古地図は表示を切り替えられるようになっており、透過率を変えることも可能で、現代と昔とを見比べることができる。現代地図は地図表記をすべて非表示にすることも可能なほか、アイコンも一部またはすべて非表示にすることも可能で、表記やアイコンのないシンプルな状態で古地図と見比べることもできる。

また、現代地図と古地図を1つの画面で重ねて見るだけでなく、上下2画面に分けて表示することも可能だ。2画面にすると、上が現代地図、下が古地図となり、古地図側でスクロールさせると、それに連動して現代地図も同じ位置に移動する。

現代地図と重ね合わせて透過率を調整できる

上下2画面表示も可能

地図の拡大・縮小のほか、画面上を2本の指でタッチしながら回すことにより、地図を回転させることも可能で、実に読みやすい。もちろんGPSで取得した現在地を地図上で確認することも可能だ。

史跡や寺社、橋などのスポット情報も充実しており、地図上のアイコンをタップすると各スポットの詳細な解説を読める。アイコンのカテゴリは、神社、寺、城・城跡、屋敷、史跡・名所、墓、橋、坂、街など豊富な種類が用意されている。また、各スポットや地図上の好きな地点を「しおり」として登録することも可能で、よく見る地域を登録しておくことで、すぐにその場所を表示させることができる。

同アプリのベースとなったのは幕末の地図で、複数の文献を調査することで、複数の文献から当時の道路や屋敷などを掲載している。地図のカバー範囲は江戸時代の「朱引き」と言われる範囲とほぼ同じだ。

スポット情報

しおり一覧

さらに、クーポンやスタンプラリーも収録している。スタンプラリーは、恋に効くパワースポットを巡る「縁結びラリー」や、東京近郊サイコの七福神をめぐる「元祖山手 七福神めぐり」や、下町風情を楽しめる「浅草 七福神めぐり」、短時間で回れる「日本橋 七福神めぐり」などを用意している。スタンプラリーに参加し、チェックポイント付近にたどり着いたらチェックインをタップすることでスタンプを集めることができる。

スタンプラリーも用意


さまざまなスポットをめぐってスタンプを獲得

「大江戸今昔めぐり」は、過去と現代を見比べながら街歩きを楽しめるアプリで、古地図という新たな切り口で東京を見直すことができる。このアプリを見ながら都内を散策すれば、きっと新たな発見があるに違いない。

URL
大江戸今昔めぐり
https://www.edomap.jp/

執筆者ご紹介  片岡義明(かたおかよしあき)様
フリーランスライター。ITの中でも特に地図や位置情報に関することを中心テーマとして取り組んでおり、インターネットの地図サイトから測位システム、ナビゲーションデバイス、法人向け地図ソリューション、紙地図、オープンデータなど幅広い地図・位置情報関連トピックを追っている。測量士。インプレスR&Dから書籍「位置情報トラッキングでつくるIoTビジネス」、「こんなにスゴイ!地図作りの現場」、共著書「位置情報ビッグデータ」「アイデアソンとハッカソンで未来をつくろう」が発売。

タイトルとURLをコピーしました