ジオ三昧のススメ

スマホに入れておきたいおすすめの地図・位置情報アプリ 第1回:ambula map

地図や位置情報を活用したアプリ/サービスを紹介するこの連載、第1回となる今回は、さまざまなイラストマップを現代地図に重ねて楽しめるiOS/Androidアプリ「ambula map」(提供会社:株式会社コギト)を紹介する。

ambula map(画像提供:コギト)

ambula mapは、多彩なイラストマップや古地図などを数多く収録した地図アプリだ。アプリを立ち上げると、収録されているマップのリストが表示されるので、見たい地図を選択して「この地図を見る」をタップするとマップ画面となる。

マップ上では、現在地が水色の丸印で表示されるほか、各地の観光スポットが赤色の丸印で表示されており、各スポットをタップすると詳細情報が写真入りで表示される。また、右端にある星印の「ガイド・コース」を選択すると、マップ上でおすすめの観光コースも表示される。投稿機能も備えており、他のユーザーへの公開・非公開を選べるので、非公開を選択すれば自分用の備忘録としても使える。

江戸切絵図(画像提供:コギト)

さらに、右下の矢印アイコンをタップすると、現代地図に切り替えることもできる。イラストマップと現代地図を重ねる技術には、「Maplat」というオープンソースソフトウェアが使われている。Maplatは、イラストマップや古地図を歪めることなく、自然に現代地図と重ね合わせることが可能なソフトウェアで、地図上の中心点だけでなく、その周囲の方角や縮尺も違和感なく表示できるのが特徴だ。

また、イラストマップと現代地図との間で、地図上のさまざまな地点を指定して切り替えた場合でも、位置がズレることなく、対応する地点を正確に維持し続けることが可能な「全単射変換」を保証している。Maplatはこのような技術が高く評価され、地理空間情報をテーマとしたイベント「G空間EXPO2018」において行われた「Geoアクティビティコンテスト」にて最優秀賞を獲得している。

収録しているマップは、古地図としては「江戸切絵図シリーズ」や、幕末の京都の様子がわかる「幕末京都散歩シリーズ」、「古地図で歩く松代」など平面図のほか、「鳥瞰図でめぐる母なる湖 びわ湖」などの立体図も収録している。

多彩なマップを収録(画像提供:コギト)

食べ歩きの地図としては「和歌山ラーメンマップ」や「西宮酒蔵探訪マップ」、名所めぐりの地図としては、“絵地図師”でプロの“散歩屋”として知られるグラフィックデザイナーの高橋美江さんによる、東京の根岸や浅草、小布施を描いた絵地図のほか、神戸や有馬温泉、秋田内陸線のイラストマップも収録されている。

また、京都大学の散策マップや、丹波市のサイクリングマップ、「幻の大仏鉄道遺構めぐりマップ」など各地の観光マップも収録している。

ambula mapは、2018年10月に東京メトロが開催したウォーキングイベント「ゆるり今昔ものしるべ 奥浅草編」の街歩きに活用できるアプリとして採用され、奥浅草エリアの江戸古地図とともに、革とモノづくりの祭典「浅草エーラウンド2018秋」の出店店舗情報や、歴史スポットなどを掲載した。

また、2019年1月からは、西宮市の6つの蔵元が敷地を開放し、新酒が味わえるイベント「西宮蔵開2019」の蔵めぐりで使えるアプリとして採用されており、イラストマップ「西宮酒蔵探訪」ともに、各蔵元やアンテナショップの情報を掲載している。

イラストマップ「西宮酒蔵探訪」(画像提供:コギト)

各地のイベントとの連携を図りながら、さまざまなイラストマップや古地図が次々と追加されているambula map。今後、どのようなマップが登場するのか実に楽しみだ。

URL

ambula map (iOS)
ambula map(Google Play)

執筆者ご紹介  片岡義明(かたおかよしあき)様
フリーランスライター。ITの中でも特に地図や位置情報に関することを中心テーマとして取り組んでおり、インターネットの地図サイトから測位システム、ナビゲーションデバイス、法人向け地図ソリューション、紙地図、オープンデータなど幅広い地図・位置情報関連トピックを追っている。測量士。インプレスR&Dから書籍「位置情報トラッキングでつくるIoTビジネス」、「こんなにスゴイ!地図作りの現場」、共著書「位置情報ビッグデータ」「アイデアソンとハッカソンで未来をつくろう」が発売。