GISで地図にプロット ~ことわざに登場する地名~

今回は、ことわざに出てくる地名をテーマにしたマップをGISで作成してみました。

電車で見かけた某学習塾の吊り広告に、私立中学校の入試問題が掲載されていました。

次のア~オはすべて慣用句です。□にそれぞれ場所を表すことばを入れたとき、ここ○○市からもっとも遠い場所にあたるものはどれですか。記号で答えなさい。・・

恥ずかしながら、私は以下の3つがわかりませんでした・・。

ア. 江戸の敵を□□□で討つ
イ. □□□評定
エ. 牛にひかれて□□□参り

皆さんはわかりましたか?正解は ア:長崎 イ:小田原 エ:善光寺 です。

ちなみに解説をしますと、
ア:意外な場所で昔の恨みの仕返しをすること、または筋違いな事で仕返しをすること。
イ:いつまでたっても結論が出ない会議や相談のこと。
エ:思いもよらないことや他人の誘いにより、良い方面に導かれること。
だそうです。

そこで、ことわざのうち、地名が出てくるものがどの程度あるのか気になったのでWebで調べてみました。たくさん出てきた中からいくつかピックアップし、せっかくなのでGISソフト「SIS」を使って地図にプロットしてみました。

江戸からも立ち序の夢大坂の夢伊勢へ七度熊野へ三度行徳の俎
江戸っ子の往き大名、還り乞食口あればへ上る近江泥棒に伊勢乞食八幡の藪知らず
江戸っ子は五月の鯉の吹き流し似ぬ物語出雲の神の縁結び駿河の富士と一里塚
江戸っ子は宵越しの銭は使わぬ田舎にあり出雲の神より恵比寿の紙秋葉山から火事
江戸の敵を長崎で討つに田舎あり鹿島立ち清水の舞台から飛び降りる
江戸の八百八町、大坂の八百ハ橋田舎の学問よりの昼寝日光を見ずして結構と言うな飛鳥川の淵瀬
江戸べらぼうとどすえ盲もへ上る牛に引かれて善光寺参り初めきらめき奈良
箱根知らずの江戸の着倒れ大坂の食い倒れ草加越谷千住の先よ敵は本能寺にあり
男に口では大坂の城もたつおそれ入谷の鬼子母神その手は桑名の焼き蛤
難波の葦は伊勢の浜荻いざ鎌倉

参考Webサイト https://study.matrix.jp/kotowaza/

やはり江戸や京(都)の登場回数が多いのですが、それ以外ではお詣りに関連する地名が多く見られました(伊勢、出雲、鹿島、秋葉山 など)。若干ですが、場所やそれに因んだものをディスる系の(?)ことわざもありました。

例:初めきらめき奈良刀(はじめきらめきならがたな):一見立派そうでも、すぐに役に立たなくなるもののたとえ。行徳の俎(ぎょうとくのまないた):バカですれていることのたとえ。

さて現代、地名の入った言葉としてヒルズ族、シロガネーゼ(白金)、アシヤレーヌ(芦屋)、マクハリーヌ(幕張)、ニコタマダム(二子玉川)といったものがありますが、これらもことわざに取り入れられていくのでしょうか・・?(場所がぐっ~とピンポイントになった感じがしますが。)

可愛らしいところでは、「その手は桑名の焼き蛤」という地口があります。「食わない」に地名の「桑名」を掛け、さらに桑名名物「焼き蛤」をつないで「その手には乗らないぞ」という意味を洒落で言った一種の言葉遊びです。似たようなものに「おそれ入谷の鬼子母神」「草加、越谷、千住の先よ」というのがありますね。

「その手はくわなの焼きハマグリ!!」っと、いつか機会があったら言ってみたいと思います。