人と星とともにある数学 第33回

ナイチンゲール ~白衣の天使は統計学者~

ナイチンゲールは白衣の天使として知られています。しかし、本名フロレンス・ナイチンゲール(1820-1910)のもう一つの顔が統計学者であることはあまり知られていません。今回はフロレンスの実像に迫っていきます。

フロレンスはイギリスの上流階級の両親のもとに生まれました。フロレンスが17歳のとき、六頭立ての馬車、御者二人、召使い三人とともに家族で大陸を巡る豪華な旅行をするほどでした。その大旅行でフロレンスはイタリアではオペラとピアノ、パリでは社交に明け暮れたといいます。

それにも増して優雅だったのが、娘フロレンスへの教育です。父ウィリアムが自ら教師となり娘フロレンスに教えたのが、ギリシャ語、ラテン語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、歴史、哲学、そして数学。

中でもフロレンスを熱中させたのが数学です。時間のある限り机に向かい数学に打ち込む娘の姿に、母は数学の勉強をやめさせたいと思うほどでした。華やかなパーティよりも論理を追究することに没頭した数学少女がフロレンスでした。

もう一つ、フロレンスが打ち込んだのが貧しく苦しむ人々に心を寄せる慈善です。彼女は手記で次のように語っています。

——————————————————————————-

私の心は人びとの苦しみを想うと真っ暗になり、それが四六時中……私に付きまとって離れない。……私にはもう他のことは何も考えられない。詩人たちが謳い上げるこの世の栄光も、私にはすべて偽りとしか思えない。眼に映る人びとは皆、不安や貧困や病気に蝕まれている。(小玉香津子『ナイチンゲール』)

——————————————————————————-

かくして、24歳のフロレンスは貧しい病人の看護をすることを決心します。まさかこのとき看護が数学と結びつくとは夢にも思わなかったことでしょう。

1854年、英国とフランスはロシアに宣戦しクリミア戦争が勃発。前線における負傷者の多さを伝えるニュースが流れると、フロレンスは看護師として38名の看護師を率い従軍する決意をします。

多くの負傷兵を献身的に看護する現場でフロレンスは、一つの事実を見つけます。死傷者増の原因が負傷者の扱いのずさんさだったことです。政府と軍はそのことを把握できなかったために、前線における看護救護体制を十分なものにすることができませんでした。

フロレンスはイギリス兵の死亡原因が病院の衛生管理にあることを明らかにし、そのことを国会議員に理解してもらうことに力を注ぎます。ここで、フロレンスの数学の出番となります。「コウモリの翼」と呼ばれるカラーグラフがフロレンスによって考案されました。

死亡原因を分類し視覚化したグラフ「コウモリの翼」

このグラフのおかげで戦場における兵士の生活環境の改善の必要性が国会議員や官僚に理解され、陸軍病院の衛生環境は改善されました。結果的に傷病兵の死亡率を劇的に引き下げることが実現されました。さらには陸軍医学校まで新たに創設され、イギリス中の病院で衛生環境の改善が行われるまでになりました。

看護師フロレンスがこのような独創的な「グラフ」をつくりだすことができたのも少女時代に熱中した数学のおかげです。フロレンスが若い頃から強く影響を受けたのがベルギーの統計学者アドルフ・ケトレー(1796-1874)です。

ケトレーは、確率論を社会現象に適用する「社会物理学」を提唱し「近代統計学の父」と呼ばれています。フロレンスはケトレーと交流していく中で社会に活用できる数学の力を獲得していきました。

1860年には、統計学者フロレンスとケトレーは互いに協力して、第4回国際統計会議において衛生統計の統一基準の採択を実現するまでになりました。

数学を味方につけた看護師フロレンス・ナイチンゲール。彼女は人々の命を救うために、全力で自らの数学の力を発揮しました。「近代看護教育の生みの親」として知られている白衣の天使ナイチンゲールは、死亡統計の改善に尽力しながら医療統計学の先駆者でもあったのです。彼女が考案した死亡率や、平均入院日数の計算方式は、現在の医療統計学にそのまま使われています。

執筆者ご紹介  桜井進(さくらいすすむ)様
1968年山形県生まれ。
サイエンスナビゲーター®。株式会社sakurAi Science Factory 代表取締役CEO。
(略歴)
東京工業大学理学部数学科卒、同大学大学院院社会理工学研究科博士課程中退。 東京理科大学大学院非常勤講師。
理数教育研究所Rimse「算数・数学の自由研究」中央審査委員。 高校数学教科書「数学活用」(啓林館)著者。
公益財団法人 中央教育研究所 理事。
国土地理院研究評価委員会委員。
2000年にサイエンスナビゲーターを名乗り、数学の驚きと感動を伝える講演活動をスタート。東京工業大学世界文明センターフェローを経て現在に至る。 子どもから大人までを対象とした講演会は年間70回以上。
全国で反響を呼び、テレビ・新聞・雑誌など様々なメディアに出演。
著書に『感動する!数学』『わくわく数の世界の大冒険』『面白くて眠れなくなる数学』など50冊以上。
サイエンスナビゲーターは株式会社sakurAi Science Factoryの登録商標です。