地図マニアな日々

標準

2018年8月3日


マニアックな地図グッズの世界

地図柄バッグへの憧れ

遡ること20数年前のバブル期、多くの人がグッチやプラダ、ヴィトンといったブランドもののバッグを持って街を闊歩していた時代に、個人的にひと際おしゃれに見えたのが世界地図をモチーフにした旅行鞄だった。聞けばハンティングワールドというブランドで、旅行鞄だけでなくセカンドバッグから財布まであるという。憧れはあったものの、自分にとってはあまりにも高価で手が届かなかった記憶がある。

最近ではプリマクラッセというイタリアのブランドがやはり地図柄で人気を集める。地図がデザインのモチーフとして利用される例はファッション系に限らず、ラッピングや文具など、案外幅広い。

元来、地図は機能美を追求してきたプロダクトといえる。現実世界を記号化するにあたり、最もわかりやすく効率的なデザインが探求され、それぞれの地域の特性や文化に最適化する形で図式化されてきた。もちろん、結果として美しいデザインになっていることは多いが、そこはあくまでも機能美の延長と考えている。

前述のファッションに利用されるような地図柄のデザイン性は、こうした地図本来のものとは目的も趣も異なる。基本的にその地図の内容を読み取るわけではないし、精度を求めるものでもない。あくまでもモチーフが「地図」であるということに意味があるわけだ。20180803_1

プリマクラッセの地図柄バッグ
Alviero Martiniウェブサイトより)

注目を集めた地図扇子

こうした地図のデザイン素材としての利用は、主としてファッション業界やステーショナリー業界によるものがほとんどだった。しかし、近年は地図業界自ら、地図のデザイン性を生かしたさまざまなグッズを開発して世に送り出すようになった。いわば地図のプロが地図の概念を再構築しているともいえる。

なかでも特に話題になったのが、日本地図センターが考え出した「地図扇子」だ。廃図になった地形図をそのまま廃棄するのではなく、デザインとして生かして再利用しようという試みで、扇子の図柄として利用したものだ。2017年に第一弾が発売されると、あっという間に売り切れる人気商品となった。2018年にも新作が販売され、夏の地図グッズ定番商品になりつつある。

20180803_2

日本地図センターの地図扇子
(著者所有の実物:図葉は「正丸峠」)

民間の地図会社で最も早くから地図のデザイン性に注目していたのが、東京カートグラフィックだ。同社は2008年に正距方位図法の世界地図をプリントしたクリアファイルの企画、販売を始めている。今でこそ地図を使ったクリアファイルはノベルティグッズなどでお馴染みだが、そのはしりとなったのが同社の商品だった。

その後同社はノートや下敷き、紙袋、風呂敷などさまざまな地図をデザインした商品を送り出している。なかでも特筆すべきは、地質図の模様をテキスタイルデザインに生かした「Geological Textile」シリーズだろう。地質図という、いわば地球が作り出した模様をトートバッグやハンカチなどの柄とするアイデアは評判になり、2015年にリオ・デ・ジャネイロで開催された国際地図学会議の地図展で入賞するという栄誉も与えられた。20180803_320180803_420180803_5

地図グッズのはしりとなった東京カートグラフィックの商品
とりわけ地質図をモチーフにした「Geological Textile」シリーズは評価が高かった。

デザイン素材としての地図の可能性

地図調製の会社ながら、駿河台に地図の店舗も構える内外地図。同社もまた、地図好きのための地図雑貨ブランド「igania」(イガニア)を立ち上げて、さまざまな地図デザイン商品を開発している。

イガニアはどちらかといえばマニアック指向で、「一等三角点標石ふせん」や日本3大河川の流域をデザインしたふせん、罫線が送電線などの地図記号になっているメモ帳など、「面白さ」を全面に出しているのが特長。地図記号をキャラクターとしてデザインするなど、遊び心満載なグッズが楽しい。20180803_6

内外地図の「igania」は遊び心満載の地図雑貨シリーズ

地図業界の巨人ともいうべきゼンリンもまた、地図ステーショナリーを開発している。「mati mati」と名付けられた同社のステーショナリーは、「街と私をつなぐ 街々ストーリー」というコンセプトで、女性を意識した洗練されたデザインが特長となっている。クリアファイルやマスキングテープ、ふせんなど、実用性とデザイン性を兼ね備えた商品構成で、後発ながらも地図グッズ市場で抜群の存在感を発揮している。20180803_8 20180803_7

ゼンリンの「mati mati」シリーズ。色使いもおしゃれだ

ここで紹介した以外にも、地図グッズを開発している地図会社はいくつかある。また、最近は地図記号などをキャラクター化したラインスタンプなども複数公開されており、「地図」が本来の目的とは異なるデザイン素材としての役割を持ちつつあることを感じさせる。

言うまでもないが、紹介したような利用法は地図本来の本道ではないし、地図そのもののデザインの美しさはあくまでも機能美であることが本質にある。地図は使ってナンボであり、見やすく使いやすいように図式やインターフェースを設計するのが地図デザインの王道だろう。もちろん、その延長線上で、いつまでも見ていたくなるような美しい地図をつくり上げることもまた、カートグラファーの腕の見せどころなのである。20180803_9

スイスの地形図サイト。山岳部の美しい表現はいつまでも見ていたくなる


関連記事
・地図マニアな日々:高精度測位時代の地図を考える(1)測位技術の歴史
・地図マニアな日々:高精度測位時代の地図を考える(2)高精度測位の地図への影響
・地図マニアな日々:高精度測位時代の地図を考える(3)屋内測位
・地図マニアな日々:高精度測位時代の地図を考える(4)防災地図はどう変わるのか
・地図マニアな日々:高精度測位時代の地図を考える(5)~人が読む地図、機械が読む地図
・地図マニアな日々:高精度測位時代の地図を考える(6)~ヴィジュアリゼーションも進化している
・地図マニアな日々:南極の地理空間情報
・地図マニアな日々:鉄道の廃線直後の地図に見る地図編集の妙
・地図マニアな日々:「地図の日」を考える
・地図マニアな日々:悩ましき「ネーミングライツ」
・地図マニアな日々:「真上から見る」という地図の真理


執筆者ご紹介  遠藤宏之(えんどうひろゆき)様
地理空間情報ライター(地図・地理・測量・GIS・位置情報・防災)、測量士、GIS NEXT副編集長
著書:『三陸たびガイド』『地名は災害を警告する』『首都大地震揺れやすさマップ』(解説面)『みんなが知りたい地図の疑問50』(共著)他