SIS活用講座 第18回 SIS 8.0ならできる便利機能 Part4 データ共有

標準

2018年7月25日


はじめに

SISでデータを編集するとき、複数の人で同じデータを編集したい場合が多々あると思います。今回は、そのような場合の対応方法をご紹介します。

同時編集が不要な場合(BDSファイルを共有)

一番簡単な方法は、SIS独自フォーマットの「ベースデータセット」(BDS)ファイルをファイルサーバに置き、複数ユーザで共有する方法です。BDSファイルは複数ユーザで同時に編集することはできないため、一人が編集している間他のユーザは編集が終わるのを待たなければ編集できません。しかし、少人数でファイルを共有して同時編集をしないのであれば、この方法がシンプルです。

少人数で同時編集する場合(IDBファイルを共有)

SIS 8.0で、複数ユーザで同時編集することができる「アイテムデータベース」(IDB)ファイルが追加されました。IDBファイルは、ファイルベースのデータベースを利用しているため、複数ユーザで同時編集することができます。また、トランザクションの機能を使用して、データの編集の処理をまとめて確定することもできます。(図1)

20180725_1
図1:トランザクション

IDBファイルはSISで利用できるほとんどの図形の種類をサポートしているので、データ作成時にSISで特別な設定は不要で簡単です。
以下の操作で作成します。(図2)

既存のデータをIDBファイルにする

  1. 「ファイル」メニューの「出力」コマンドを実行します。
  2. 「ファイルの種類」を「Cadcorp アイテムデータベース(*.idb)」を指定して出力します。

新規にIDBファイルを作成する

  1. 「ホーム」タブの「マップ/オーバーレイ追加」コマンドを実行します。
  2. 「ファイル」タブの「新規データセット」を選び、「ファイルの種類」を「Cadcorp アイテムデータベース(*.idb)」を指定して作成します。20180725_2
                    図2:IDBファイル作成

大人数で同時編集ならデータベースを利用

IDBファイルはファイルベースのため大規模なシステムでのデータ共有には向いていません。そのような場合は、PostGIS、Microsoft SQL Server Spatial、Oracle Spatial/Locatorに図形情報を格納する方法を利用します。
これらのデータベースでは、扱える図形の種類に制限があります。また、図形のスタイル割り当てには地物テーブルを使用するので、スタイルの保持が難しい場合もあります。*1
なお、次バージョンのSIS 9では、カーソルデータセットのアイテム個別に図形のスタイル情報を簡単に編集できる機能が追加されます。次バージョンのSIS 9もご期待ください。

*1 スタイルを保持する方法:
SISサポートページから「SIS8.0カーソルデータセット資料」をダウンロードして「RDBMSカーソルデータセット」の項目を参照

既存データをデータベースに出力して読み込む方法

  1. 「ファイル」メニューの「出力/サーバ出力」コマンドを実行して出力します。(図3)
    20180725_3
  2. 図3:データベース出力

  3. 出力したデータは、「ホーム」タブの「マップ/オーバーレイ追加」コマンドを実行し、「データベース」タブでデータベースを指定して読み込みます。(図4)20180725_4
                   図4:データベース読み込み

位置情報の共有はViewPointデータセットで

位置座標が記述されたデータは、ViewPointデータセットを利用してポイントデータとして読み込んで、様々な場面で使用します。ViewPointデータセットは、データを複数のユーザで共有して利用できます。

ViewPointデータセット用データの作成方法

  1. 「ホーム」タブの「マップ/オーバーレイ」コマンドを実行し、「スキーマ」タブを表示します。(図5)
  2. 位置座標を出力するオーバーレイを選択して、「カラム/プロパティ追加」から「原点X」「原点Y」(または「原点(経度)」「原点(緯度)」)と、高さ情報がある場合は「原点Z」を追加します。
    「OK」ボタンでダイアログを閉じます。(図5)
  3. 「表示」タブの「ドキュメント表示/テーブル」を実行します。テーブルウィンドウが表示されます。(図5)
  4. 「ファイル」メニューの「出力」コマンドを実行し、「CSV(カンマ区切り形式)(*.csv)」を指定してCSVファイルを出力します。20180725_5             図5:ポイントデータ出力

ViewPointデータセットの作成方法

出力したデータを、「ホーム」タブの「マップ/オーバーレイ追加」コマンドを実行し、「データベース」タブで「Cadcorp ViewPointデータセット」を指定して読み込みます。(図6)

20180725_6
  図6:ポイントデータ読み込み

おわりに

いかがでしたか?データの共有も様々な方法がありますので、ぜひSISを活用して効率よく作業を進めていただければと思います。

関連記事
SIS活用講座 第17回 SIS 8.0ならできる便利機能(3)ツール・サンプルプログラム
SIS活用講座 第16回 SIS 8.0ならできる便利機能(2)Pythonの利用例紹介
SIS活用講座 第15回 SIS 8.0ならできる便利機能(1)プロセス機能で解決できる事例紹介
SIS活用講座 第14回 フリービューアMap ExpressからはじめるSIS(6)台風を分析してみよう!
SIS活用講座 第13回 フリービューアMap ExpressからはじめるSIS(5)GPSデータとフリーデータで分析
SIS活用講座 第12回 フリービューアMap ExpressからはじめるSIS(4)Exifを利用
SIS活用講座 第11回 フリービューアMap ExpressからはじめるSIS(3)分析機能
SIS活用講座 第10回 フリービューアMap ExpressからはじめるSIS(2)主題図
SIS活用講座 第9回 フリービューアMap ExpressからはじめるSIS(1)データ閲覧・印刷機能のご紹介
SIS活用講座 第8回 SIS8.0ご紹介(6)データ管理に役立つ新機能
SIS活用講座 第7回 SIS8.0ご紹介(5)3D機能
SIS活用講座 第6回 SIS8.0ご紹介(4)プロセス主題図、テキスト機能ほか
SIS活用講座 第5回 SIS8.0ご紹介(3)分類主題図、主題図のフィルタ機能ほか
SIS活用講座 第4回 SIS8.0ご紹介(2)プロセス、空間関数ほか
SIS活用講座 第3回 SIS8.0ご紹介(1)インターフェース、主題図、Pythonほか
SIS活用講座 第2回 SIS 7.1の新機能(2)主題図
SIS活用講座 第1回 SIS 7.1の新機能(1)インターフェース


※この記事は、GIS NEXT第64号に掲載された記事を編集したものです。