地図マニアな日々

標準

2018年3月1日


南極の地理空間情報

前回までは高精度測位を前提としてさまざまな事例を取り上げてきたが、今回は地図そのものの話を少し書いてみたい。私たちが目にする世界地図の多くは、メルカトル図法をはじめとして、地球を横から見た視点のものが多い。この方法は多くの人々が暮らす大陸が一覧できるわけだが、南極と北極は、極点に近づけば近づくほどなおざりにされがちだ。北極は大陸がないのであまり気にならないかも知れないが、南極は立派な大陸でありながら世界地図上では分断されてしまう運命にある。メルカトル図法に至っては、そもそも南極点が描かれることもない。これはあまりにも理不尽ではないか。

全方位が北という不都合な地図

もっとも、南極大陸だけを描いた地図ならある。学校の地図帳などでも南極点を中心に描いた南極の地図は多くの人が目にしたことがあるだろう。ここで疑問なのが、多くの場合地図は北を上として描かれるわけだが、南極点を中心とした考えた場合、すべての方向が「北」になってしまうという点だ。つまり地図を見てとっさに東西南北が判断できないというわけだ。では地図はどのような向きで描かれるのだろうか。

国土地理院による南極大陸図と見ると、南米側に突き出た南極半島が左側に位置する図取りとなっている。これは本初子午線(経度0度0分0秒の基準子午線)を上としたものである。「南極大陸」で画像検索をかけると、圧倒的にこの配置が多い。英語やフランス語、ドイツ語、ロシア語等で検索しても、同様の結果となることから、本初子午線を上とした図取りは世界的なスタンダードといえるかもしれない。20180301_6

南極大陸図(国土地理院)

地図帳における扱い

ではそれ以外ではどんな図取りがあるのだろうか。南極大陸の地図そのものがあまり身近なものではないが、学校などで使う世界地図帳には必ず記載されているはずだ。とりあえず手元にある地図帳を数点確認してみた。あくまでも手元にあったものなので、最新版でないことはご容赦いただきたい。

まずは帝国書院の「新詳高等地図」。たまたま手元にあったのは平成28年版だが、南極半島が下になる図取りになっている。本初子午線が左、東経90度が上という配置だ。20180301_2

帝国書院の「新詳高等地図」(平成28年版・現物撮影)

自分が高校時代に使っていた地図帳も手元にあった。二宮書店の「現代地図帳」昭和53年版である。どんだけ古いんだよ、と言われそうだが40年前のものだ。こちらも帝国書院と同じく、本初子午線が左、東経90度が上という配置だった。20180301_3

二宮書店の「現代地図帳」(昭和53年版・現物撮影)

学校の地図帳ではないが、昭文社発行の「グローバルアクセス 世界地図帳」(1997年版)も手元にあったので確認してみた。なんとこれも同じく本初子午線が左、東経90度が上という配置だった。20180301_4

昭文社の「グローバルアクセス 世界地図帳」(1997年版・現物撮影)

「本初子午線を上とした図取りは世界的なスタンダード」と書いておきながら、手元にある地図帳すべて東経90度が上となる図取りだったのは驚きだった。理由については、機会があれば関係者に話を聞いてみたい

南極のさまざまな地理空間情報

南極を対象としてGISを使うという機会は、よほどの専門家でなければあまりないだろう。しかし国土地理院では、南極地域観測隊に毎次職員を派遣しており、さまざまな観測を行い、地理空間情報として整備している。その成果は「南極の地理空間情報データライブラリ」として公開されており、GISで利用することも可能になっている。

中でも昭和基地周辺の地形図は、1/2500という大縮尺も含め、ベクトルデータも公開されている。昭和基地周辺だけ見ると、まったくもって南極という感じがしないのは不思議だ。図式的に違和感がないからだろうか。20180301_5

昭和基地周辺の地形図(国土地理院)

また、国立極地研究所が「GISポータルサイト」を2009年に立ち上げている。こちらはどうもあまり更新されていない模様だが、色々なデータが増えていけば使えそうなサイトではある。

その他、USGS(アメリカ地質調査所)でも地質調査図フライトラインマップなど、南極の地理空間情報を入手することができる。


関連記事
・地図マニアな日々:高精度測位時代の地図を考える(1)測位技術の歴史
・地図マニアな日々:高精度測位時代の地図を考える(2)高精度測位の地図への影響
・地図マニアな日々:高精度測位時代の地図を考える(3)屋内測位
・地図マニアな日々:高精度測位時代の地図を考える(4)防災地図はどう変わるのか
・地図マニアな日々:高精度測位時代の地図を考える(5)~人が読む地図、機械が読む地図
・地図マニアな日々:高精度測位時代の地図を考える(6)~ヴィジュアリゼーションも進化している
・地図マニアな日々:鉄道の廃線直後の地図に見る地図編集の妙
・地図マニアな日々:「地図の日」を考える


執筆者ご紹介  遠藤宏之(えんどうひろゆき)様
地理空間情報ライター(地図・地理・測量・GIS・位置情報・防災)、測量士、GIS NEXT副編集長
著書:『三陸たびガイド』『地名は災害を警告する』『首都大地震揺れやすさマップ』(解説面)『みんなが知りたい地図の疑問50』(共著)他