GIS用語解説

クラウドとは|メリット・デメリット・利用例

クラウドという言葉がIT業界に登場して久しいですが、クラウドって何?聞いたことはあるけど意味がよくわからないという方もいらっしゃるかもしれません。

今回はクラウドの仕組みや種類、メリット・デメリットについてご紹介します。

クラウドとは

クラウドは元々英語で雲(cloud)を意味する言葉ですが、IT業界でいうクラウドは「クラウドコンピューティング」の略で、コンピュータネットワーク、特にインターネットの利用形態を指します。

従来型とクラウド型の違い

従来型

ソフトウェアを使いたい場合、CD-ROMからインストールしたり、インターネットからダウンロードしてインストールする必要があります。

ライセンスの形態にもよりますが、基本的にソフトウェアはインストールしたPC以外では利用できません。

クラウド型

インターネット上にあるソフトウェアをネットワーク経由で使う形式のため、ブラウザ(Google Chrome、Internet Explorer、Safariなど)が使える環境さえあれば、いつでもどこからでも利用できます。

クラウド型で提供されるサービスのことを「クラウドサービス」といいます。

なおクラウドという言葉は、米Google社 エリック・シュミット氏の発言(2006年)に由来するとされていますが、技術者がネットワーク図を雲の絵で表わすことに由来するという説もあります。

クラウドサービスの例

クラウドサービスの身近な例としては、Webメール(Gmail、hotmailなど)やSNS(Facebook、Twitterなど)が挙げられるでしょう。

アドレス帳やメールデータ、コメントや写真がすべてインターネット上に保存され、メールの送受信やSNSの投稿もインターネット上のアプリケーション経由で行われます。

クラウドサービスを使えば、いつでもどこからでもデータの閲覧や編集、アップロード・ダウンロードが可能になります。

クラウドサービスの種類

クラウドサービスといっても、いくつかの種類があります。

ここからはクラウド環境を提供するサービスプロバイダや、サービスを借りる(導入する)企業内のシステム管理者(IT担当者)寄りの内容となります。

クラウドコンピューティングは構築する上で様々な要素が必要となります。

  • サービスを提供するソフトウェア
  • ソフトウェアを動かすためのOS
  • OSが稼動するためのサーバ
  • サーバを相互に接続するネットワーク

これらの要素のうち、どこまで借り手(導入)側が管理・運営するかで利用形態が決まります。

クラウドサービスには以下の種類があり、総称して「XaaS」と呼ばれます。

  • SaaS(サース:Software as a Service)
  • PaaS(パース:Platform as a Service)
  • HaaS/IaaS(ハース:Hardware as a Service/イアース:Infrastructure as a Service)

SaaS(Software as a Service)

インターネット経由でソフトウェアパッケージが提供されます。

借り手(導入)側はソフトウェアの各種設定を行うことができ、多くの場合、Webブラウザ経由で管理します。

PaaS (Platform as a Service)

インターネット経由でアプリケーション実行用プラットフォーム(OS)が提供されます。

借り手(導入)側は、使用するソフトウェアやデータベースをプラットフォーム上に構築できます。

借り手(導入)側はSSH(Secure Shell)やRDP(Remote Desktop Protocol)で管理します。

HaaS/IaaS(Hardware as a Service/Infrastruacture as a Service)

インターネット経由でハードウェアやインフラが提供されます。

借り手(導入)側は、インストールするOSや仮想化、共有ディスクなどをハードウェア上に自由に構築できます。

ハードウェアの構築方法は提供側の企業によって異なります。

ちなみに元々はHaaSという用語が考案されましたが、現在はより包括的な意味のIaaSが取って代わりつつあります。

管理の容易さでは「SaaS > PaaS > HaaS/IaaS」の順になり、自由度の高さでは「HaaS/IaaS > PaaS > SaaS」の順になります。

導入のメリット・デメリット

クラウドサービスには、主に以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

  • システム構築やソフト購入が不要のため、初期費用がかからない
  • 従量制課金で無駄のない料金設定となっている
  • 維持管理にかかる費用、IT担当者の手間を軽減できる

デメリット

  • システムのカスタマイズが困難である
  • サービスが常に安定的、永続的に提供されるとは限らない(提供側の都合によりサービスが停止する場合がある)
  • セキュリティ面で不安がある

設置・運用による違い

ひと口にクラウドといっても、サーバーの設置場所や運用方法により以下のような違いがあります。

パブリッククラウド インターネット上でサービス公開されている場合が多い。利用者はいつでもどこからでもサービス利用できる。

主なメリット:

  • 初期投資が抑えられる
  • 維持管理コストや人員を軽減できる
  • システム障害や災害時に強い
オンプレミス
(プライベートクラウド)
広域イーサネット環境、インターネット回線上のVPN接続された環境など、限られたネットワークのみでサービスを公開。利用者は組織内の特定PC以外からは利用できない。

主なメリット:

  • セキュリティが高い
  • システムを柔軟にカスタマイズできる
ハイブリッドクラウド 上記2つを組み合わせたもの

おわりに

自社内での管理・運用にかかるコストや人員負担の軽減、在宅・リモートワーク体制推進のため、オンプレミスからクラウド化を検討されている企業様も多いのではないでしょうか。

オンプレミスもクラウドも一長一短あります。

クラウドサービスの導入にあたっては、上記のことを踏まえ、自社に合った適切な製品・サービスを選ぶことで、簡便で管理しやすいシステム運用や生産性の向上が実現します。

インフォマティクスではWebブラウザ経由で利用可能なWebGISサービスを提供しています。詳しくは専用サイトをご覧ください。資料請求もしていただけますので、お気軽にお問い合わせください。

教育機関向けWebGISサービスの専用サイトを見る >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

空間情報クラブ編集部

空間情報クラブ編集部です。GISソフトの便利な機能をご紹介する活用講座やGIS用語解説、地図、位置情報、AI機械学習などをテーマにしたコラムを掲載しています。ご意見・ご感想、寄稿、コラボ企画などありましたらぜひご連絡ください。お待ちしております!

-GIS用語解説

© 2021 株式会社インフォマティクス