地図を編む ~マップル・ルーツをたどる旅~ 第四回

標準

2014年7月6日


第四回 道路の話(2) ―「道路の思想」ということ・・国道とは?―


地図を広げてみると、多少のムラはあるものの、「国道」というものは日本全国ほぼ均質に、かつ縦横に存在していることが分かる。どのような道路が国道となるのか、その意義や要件については、道路法(注1)という法律に定められている。国道は、「高速自動車国道」、「都道府県道」、「市町村道」とともに道路法上の4種類の道路のうちの一つであるが、同法第5条(一般国道の意義及びその路線の指定)で次のように定められている(抜粋)。

道路法 第5条(一般国道の意義及びその路線の指定)

現在、日本の国道は、1号から507号(59~100号、109~111号、214~216号は欠番)まで、459路線が指定されているが、そのすべては、上記一号~五号のいずれかに該当するが故に国道に指定されているのである。
思えば、私も今の会社に入るまでは、「道路法」などという法律の存在も知らなかったし、国道の指定要件などますます知る由もなかった。

ところが、入社当時配属になった編集部の道路地図担当課長から、繰り返し叩き込まれたのは、 「道路地図を編集するためには、まず、道路の思想というものを知らなければならない。」ということであった。すべての道路には、起点と終点があること、路線が指定・認定される要件、道路設計思想の概要、その根本に「道路法」という法律があること…。その一番最初に触れたのが、上記の「国土を縦断し、横断し、又は循環して…」という道路法第五条の一般国道の要件を定めたくだりである。

「国土を縦断し…」なるほどこれは国道1号(起点:東京都中央区、終点:大阪市)のことか!
「(国土を)横断し…」なるほどこれは国道46号(起点:盛岡市、終点:秋田市)のことか!
「(国土)循環して…」なるほどこれは国道16号(起点:横浜市、終点:横浜市)のことか!
「国際戦略港湾と…」なるほどこれは国道174号(起点:神戸港、終点:神戸市中央区)のことか!
「重要な飛行場と…」なるほどこれは国道131号(起点:羽田空港、終点:東京都大田区大森東二丁目)のことか!

それまで漫然と眺めていた道路地図の着色路線の1本1本が、全く別の見え方をしてきたのを今でも覚えている。
そして、上記の国道指定の要件各号というのは、国道指定のための十分条件でもあり、必要条件でもあるようだ。すなわち、ある道路が国道になるためには、上記要件を満たさなければならないと同時に、逆に上記要件を満たす道路については、あまねく国道に指定しなければ「ならない」、という含意がある。

国道58号(起点:鹿児島市、終点:那覇市)は、鹿児島市の鹿児島港に数百メートル存在した後、種子島、奄美大島を経て、沖縄本島を縦断して那覇市に至る路線であるが、58号が指定されたのは、沖縄返還の年(1972年)であった。都道府県庁所在地が増えたことにより、新たに路線が指定されたのである。とかく日々の地図更新に追われていると、道路情報についても厖大な量の走行画像の確認や各道路管理者からの個別情報整理に忙殺されがちである。

そんな時、ふと「国土を縦断し、横断し、又は循環して…」と唱えながらその路線を起点から終点まで思い浮かべ、また、図上でたどってみると、「全体の中での部分」という視界を回復できると思うのである。

【参考】
(注1)道路法については、下記サイトを参照 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S27/S27HO180.html(注2)国道16号は起点が横浜市であり、首都圏を循環して、東京湾口を渡り、再び横浜市が終点となる路線である。


関連記事

第一回 地図の転位と総描について -道路や鉄道の転位-
第二回 地図の転位と総描について -誇張した表現というもの-
第三回 道路の話(1) ―特に「高速道路」の表現―
第五回 地図注記の表記について ―アイデンティティとのせめぎ合い―
第六回 地図注記の表記について ―「ケ」問題―
第七回 地図が大きく変わるとき(1)
第八回 地図が大きく変わるとき(2)
第九回 これからも伝えたい地図編集の心(1)
第十回 これからも伝えたい地図編集の心(2)


執筆者ご紹介
飯塚新真(いいづか にいま)様
東京生まれ。1986年、株式会社 昭文社入社
編集部都市地図課、大阪支社勤務を経て、地図編集部情報課長、SiMAPシステム部長、地図編集部長を歴任
現在、ソリューション営業本部長