地図を編む ~マップル・ルーツをたどる旅~ 第一回

標準

2014年2月21日


第一回 地図の転位と総描について -道路や鉄道の転位-


このところ地図調製業界では、地図の「位置精度」と「表現」の関係はいかにあるべきか、というテーマを巡って、あらためて熱い議論が交わされている。去る1月29日には、「デジタル時代の地図表現 ~位置情報時代の地図のあり方~」と題したシンポジウムが催され(主催:一般社団法人地図調製技術協会)、100名を超える聴衆を集めている。

カーナビや携帯端末での地図使用が一般化する時代にあっては、リアルタイムの測位成果(現在位置の表示など)や、他の事業者から配信される位置情報(POIデータなど)をうまく表現できる背景地図を用意しておかなければならい。
では、伝統的な地図編集技法の一端である「転位」や「総描」といった概念は、今後、如何にあるべきか、という議論である。

「転位」という技法について考えてみると、確かに地図は、得られた測量成果をもとに、地物をありのままの位置(真位置)に描くのが基本である。
しかしながら、その一方で、地図においては、その宿命として地上にある地物を一定の狭い面積の中に縮小し、人間が目で見て地理情報として認識できるように「表現」されなければならない。紙地図の場合は、紙と縮尺の大きさが決まっている。デジタルの場合も事情は同様で、利用者が見るデバイスの画面の大きさと表示縮尺を無視した描画はできない。

たとえば、よく引き合いに出される例としては、新潟県の親不知付近の海岸部。この付近では、山岳が海にせまり、海岸線・等高線・道路(国道、高速国道、一般道路)・鉄道などが折り重なるように並行しており、2.5万分の1クラスより小さい縮尺においては、すべての地物を真位置に描くことはできない。

図1:『MAPPLEデジタルデータ25000』新潟県糸魚川市親不知付近
高速国道、国道、JR線、県道が真位置より1.5倍ほどの幅に転位されている

この場合、官製地図の世界では、これらを重要度に応じて「転位」(相対的な位置関係を崩さないように記号を移動)することとなっており、しかもその順序は規則で厳密に決まっている。
すなわち、まず第一に自然物(海岸線)を真位置におき、次に人工物(鉄道、道路)を転位させる。その次に無形線(等高線、行政界)を転位させる、という具合である。

ちなみに、鉄道と道路では、どちらが優先かというと、規則上、重要度は同等であるが、実際には鉄道が優先されてきた。一般に鉄道は(高速道路など高規格な道路が少ない時代は)道路よりも格段にカーブの曲率が滑らかなので、鉄道と道路が狭隘な個所で交差しながら並行しているような場合、道路を真位置に置くと鉄道が随所で不自然な屈曲を呈することになるので、これを避けたのである。こうした転位とその優先度の考え方は、ここ50年以上変わっていないし、現在でも公共測量や測量士・測量士補の国家資格試験においてはこの概念が踏襲されているようである。

図2:転位の模式図(『公共測量 作業規程の準則(平成23年3月31日改訂版) 解説と運用』より引用)
上図が現地の真位置、下図が地図上の描画位置。自然物を動かさず、人工物、無形線を順次転位

しかし、時代は変わってきた。以前、カーナビ用の地図を調製しているある会社の技術者にお話を伺ったところ、同社ではすでに、上記のような2.5万分の1以下における転位の優先(重要度)順位をすでに変更し始めており、カーナビ用途を最重要視する観点から、まず第一に道路を真位置に置き、鉄道や自然物はすでに優先順位を下げたというのである。
古い技術者にとっては驚きだろう。カーナビの場合は、マップマッチングという手があるから、道路を転位していてもある程度は表示に耐えるのだろうけれども、真位置に置くに越したことはない、という考えだ。

昭文社では、国の測量成果を最大限尊重するという立場から、2.5万分の1以下の地図においては、現時点でも国の発行する基本測量成果(地形図等)に合わせるのを原則としている。カーナビに限らず様々なGIS用途における汎用性を重視してきた結果であるが、今後の測量行政の方向、市場の声を踏まえて判断を進めたいと考えているところである。

【参考文献】
『地形測量・地図編集』西村蹊二・金沢敬著(森北出版発行)1961
『測量士・測量士補国家試験 受験テキスト』(公益社団法人日本測量協会発行)2010
『公共測量 作業規程の準則(平成23年3月31日改訂版) 解説と運用』(公益社団法人日本測量協会発行)2011
『地図ジャーナル』 (No.174) 新春号~特集:デジタル時代の地図表現~(一般社団法人地図調製技術協会発行)2014


関連記事

第二回 地図の転位と総描について -誇張した表現というもの-
第三回 道路の話(1) ―特に「高速道路」の表現―
第四回 道路の話(2) ―「道路の思想」ということ…国道とは?―
第五回 地図注記の表記について ―アイデンティティとのせめぎ合い―
第六回 地図注記の表記について ―「ケ」問題―
第七回 地図が大きく変わるとき(1)
第八回 地図が大きく変わるとき(2)
第九回 これからも伝えたい地図編集の心(1)
第十回 これからも伝えたい地図編集の心(2)


執筆者ご紹介
飯塚新真(いいづか にいま)様
東京生まれ。1986年、株式会社 昭文社入社
編集部都市地図課、大阪支社勤務を経て、地図編集部情報課長、SiMAPシステム部長、地図編集部長を歴任
現在、ソリューション営業本部長