M2Mとは?

標準

2014年6月26日


今回は、M2Mについて解説します。

M2Mとは?

昨今よく耳にするようになったM2M。一体どんなものなのでしょうか?
M2Mとはマシンツーマシン(Machine-to-Machine)の略で、センサーやGPS、通信機器、通信網、コンピュータといった機器どうしが情報交換しながら自律的に高度な制御や動作を行うことをいいます。

今後、M2Mによって自動車や家電など現実世界のあらゆるモノがネットワークに接続されるようになると、モノどうし、あるいは人とモノとが情報交換を行ない、互いに制御し合う世界が実現されるようになるでしょう。

ここでは、2つの適用例をあげてM2Mをご紹介します。

動態管理

M2Mは、物流や交通における車両運行管理、動態管理に適用できます。
車両の位置情報をリアルタイムに把握することで効率的な運行管理が行えるほか、位置情報に基づいた最適な情報を車両に搭載したカーナビやスマートフォン、ディスプレイに表示することで、業務を効率化し乗客へのサービスを向上させることができます。

また、収集された車両位置情報や各種センサー情報、カメラ画像データをGISに展開し場所や地形情報との相関を見ることで、車両配置などの最適化を実現できます。

設置物管理

M2Mは、自動販売機の商品の在庫状況、売上情報などを遠隔管理する場合にも適用できます。搭載された情報取得機器から逐次サーバコンピュータに在庫状況が送られ、「どの商品がどれだけ売れたか」「補充が必要かどうか」という情報が得られます。管理端末に在庫状況をリアルタイムに表示することで、補充業務を効率よく行うことができます。

また、売上情報を位置情報とともにGISに展開し、売上情報と様々な空間情報との相関を見ることで、商品ラインナップを最適化することもできます。

M2Mの今後

今回は2つの適用例を挙げてM2Mをご紹介しました。今後、様々な機器どうしがつながり、情報交換の範囲が一層拡がっていくことでしょう。

M2Mの発展においては、対象物に関係する空間情報の存在が必要不可欠です。M2Mにより業務効率化が実現されたら、次はGISによる最適化の段階に入ることでしょう。