2014年 年間ページランキング

標準

2014年12月26日


2014年 空間情報クラブ年間ページランキングを発表します。

2014年も残りわずかとなりました。
本年も空間情報クラブをお読みいただき、ありがとうございました。さて、2014年最後を締めくくる記事ということで、今回は今年読まれた記事トップ10をご紹介します。

10位 投影法とは?

GISにはなくてはならない存在の地図。その地図の見え方の基本である投影法をはじめ、座標系、座標参照系についてわかりやすく解説。GISソフトウェア「SIS」での投影法、座標系の表示例も記載されています。詳しくはこちら

9位 Web Map Tile Service(WMTS)とは?

OGC(地理情報システム関連技術の標準化推進団体)が定めている国際規格の1つ「WMTS」を利用した地図配信方法や利用メリットについて解説。詳しくはこちら

8位 Webメルカトルとは?

地図投影法の1つメルカトル法(正角円筒図法)を、Webマッピングシステムで使用するために作成された「Webメルカトル」についての解説。詳しくはこちら

7位 EPSGコードとは?

GISで地図を表示する際、表示地域や地図の作成方法に応じて指定する規格「EPSGコード」について解説されています。EPSGコードが保持している情報や検索方法などもあわせて解説。詳しくはこちら

6位 主題図とは?

GISといえば主題図表現、と言われるくらい代表的な機能の1つです。種類や表現方法のほか、よりキレイさにこだわった表現をしたい場合に便利なSISの主題図表現機能について解説。詳しくはこちら

5位 国土基本図図郭とは?

地図でよく使われるメッシュ・図郭の1つ「国土基本図図郭」のコードの読み方について、詳細かつわかりやすく解説。詳しくはこちら

4位 カーネル密度とは?

GISで犯罪や交通事故の発生状況をビジュアル表現する際によく使われる機能、カーネル密度。その算出方法やカーネル関数の種類などをご紹介。詳しくはこちら

3位 測地系とは?

GISを扱う方ならぜひおさえておきたい、緯度経度座標の日本測地系、世界測地系に関する解説記事。GISでこれら測地系のデータを扱う際の留意点も書かれています。詳しくはこちら

2位 日本測地系2011(JGD2011)とは?

2012年10月の測量法改正により移行となった日本測地系2011の改正箇所、移行方法を解説した記事。改正された日本測地系への関心の高さがうかがえます。詳しくはこちら

1 座標系とは?

栄えある第1位は、座標系ついてわかりやすくまとめた解説でした!そもそも「座標系とは?」から、一般的によく使われる「平面直角座標系」のご紹介のほか、GISでの平面直角座標系の地図データの扱いについても解説。詳しくはこちら