シンボルとは?

標準

2015年10月16日


今回はシンボルについてご紹介します。

 シンボルとは?

「シンボル」とは何でしょうか?
辞書には、「象徴」や「ある意味を持つ記号」と書かれています。

私達が普段見る地図には、たくさんの記号が使われています。これらの記号は、道路や建物・施設、土地の利用状況など、線や面の図形として表現できないものを地図上で表現しています。

たとえば、小学校で習う「地図記号」。消防署や警察署などの施設を表す記号、果樹園や広葉樹林など土地の使われ方を表す記号を一生懸命覚えたものです。

消防署
警察署
市役所
消防署
警察署
市役所
果樹園
広葉樹林
果樹園
広葉樹林

これらは地図上で意味を持つ記号として使われており、まさに「シンボル」の1つであるといえるでしょう。

地図記号として使われるシンボル

GISでは多種多様な地図を利用するので、先に紹介した以外にも多くの地図記号が使われています。また、地図の種類が異なれば、同じものでも異なるデザインの記号で表されることがあります。

シンボルの使用例をいくつかご紹介しましょう。赤丸で囲んだ部分が、地図記号として使われているシンボルです。信号機、バス停、ファミリーレストランなどの施設を表したり、矢印が道路の一方通行の方向を表しています。また、信号機の地図記号はそれぞれの地図でデザインが違っています。

ゼンリン住宅地図
昭文社MAPPLE10000
ゼンリン住宅地図
昭文社MAPPLE10000

シンボルは地図記号だけではない

ところで、GISの機能は地図を表示するだけではありません。GISには住所検索やルート検索、解析など、多種多様な活用方法があります。このような検索や解析の結果を、視覚的によりわかりやすく表現するにはどうすればいいでしょうか?

そのための効果的な道具の1つが、シンボルです。シンボルを使って、検索や解析の結果を地図上にわかりやすく表すことができます。ここでも、いくつかシンボルの使用例をご紹介しましょう。赤丸で囲んだ部分がシンボルです。

目標物や現在位置の検索

検索した目標物や現在位置を、矢印や立体感のある図形で強調しています。

目標物や現在位置の検索

ルート検索

出発地と目的地の位置、進行方法が一目でわかります。

ルート検索

被害想定の分析

被害が大きいほど、×印も大きくなります。いろいろなデザインのシンボルを使うだけでなく、同じシンボルでも大きさを変えることで、分析結果をわかりやすく伝えることができるという例です。

被害想定の分析

おわりに

このように、シンボルはGISには必要不可欠なものです。
探している場所がどこにあるか?その場所に何があるか?解析結果はどうであるか?といったことが一目瞭然だと、それだけで地図や地図を使用したシステムの品質が上がります。地図を扱う上で、シンボルを効果的に利用することは非常に重要といえるでしょう。

弊社のGISソフトウェア「SIS」では、シンボルの作成や利用を手軽に行うことができます。より高品質の地図やシステムを作成するために、シンボルをぜひ有効活用してみてください?