GIS用語解説

グリッドとは|GISのグリッド解析・活用例

3月 6, 2015

こんにちは、インフォマティクスの空間情報クラブ編集部です。

今回はグリッドデータやグリッド解析についてご紹介します。

インフォマティクスでは、グリッド解析をはじめさまざまな空間解析機能を備えたGIS(地理情報システム)製品SISを(エスアイエス)をご用意しております。
SISの資料をダウンロードする

グリッドとは

グリッドとは、格子あるいは格子状のもののことをいいます。

GISのグリッドデータは数値計算などで空間をセル(等間隔の縦横線で区切られた1つ1つのマス目)に分割した図形で、値に応じて色分け表示することができます。

グリッドデータと聞いてピンとこない場合は、気温などの気象データを思い浮かべてみてください。

日本地図上に四角い矩形が並び、気温分布が色別で一目でわかったり、時系列で天気の変化がわかったりしますよね。

グリッドデータの形で提供されるデータとしては、人口統計データや雨量レーダーのデータがあります。

大量の点のデータが存在する場合、セルに含まれる個数を集計し、グリッドデータ化することで解析が可能となります。

密度分布

データの分布状況を色彩や色の濃淡で表現します。

以下は、ポイントデータ数をグリッドで表現し、色の濃い部分ほどポイントが密集していることを表した例です。

これに背景地図を重ね「住民の分布図」と言われると、なるほどと納得できると思います。

グリッド演算

グリッドデータを比較し、足し算・引き算・掛け算・最小値・最大値を算出することで、データの解析ができます。

例えば、エリアマーケティングに利用したい場合、人口分布のグリッドデータと自社店舗の所在を示すグリッドデータの演算を行ったり、年代別人口分布のグリッドデータと競合店舗の所在を示すグリッドデータを演算したりすることで現状を把握できるので、今後の戦略策定に役立ちます。

おわりに

グリッド解析を使えば、人口分布や農地利用、植生分布、エリアマーケティングといった身近なテーマから、地球環境の保全、エネルギー資源など地球規模の問題まで幅広く分析することができます。

アイデア次第で活用範囲が広がりますので、さまざまなテーマとリンクさせてグリッド解析機能を活用してみてください。

<地図データ出典>国土地理院の地図記号一覧、株式会社昭文社 MAPPLE10000、株式会社ゼンリン Zmap-TOWNⅡ(®2011 ZENRIN CO.,LTD.(Z11LD第395号))を使用したものです。

GISソフトをお探しなら

GISソフトをお探しの方、現在お使いのGISに課題を感じている方は、ぜひGIS(地理情報システム)製品SISをご利用ください。無償版もご用意しています。
SISの資料をダウンロードする >>

無償版SISを試してみる >>

SISやGISに関するご相談を承っております

相談する(無料)

記事の評価をお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

空間情報クラブ編集部

空間情報クラブ編集部です。GISソフトの便利な機能をご紹介する活用講座やGIS用語解説、地図、位置情報、AI機械学習などをテーマにしたコラムを掲載しています。ご意見・ご感想、寄稿、コラボ企画などありましたらぜひご連絡ください。お待ちしております!

-GIS用語解説

© 2021 株式会社インフォマティクス