地理教育

高校地理教育へのGIS活用事例|千葉明徳高等学校

2020/8/4

千葉明徳高等学校 社会科教諭 濱野 靖隆 様 千葉明徳高校におけるGIS導入経緯|GISで学びを可視化し生徒の興味を刺激することで、より主体的な学びを 千葉明徳高等学校では、2019年度より全校生徒に1人1台iPadを支給するなどICTを活用した教育を積極的に進めています。2022年より必修化がスタートする「地理総合」の授業で、社会科教諭の指導のもと地理情報システム(GIS)を活用した授業を実施し、ICT 教育の効果検証を行っています。 所在地:〒260-8685 千葉県千葉市中央区南生実町1412番地 ...

ReadMore

SIS活用講座 技術情報

GISソフト「SIS」9のご紹介 Part8 空間解析編

2020/9/17

はじめに 大雨、地震など、多発する自然災害に対して、わたしたちは常に万全の備えが求められています。今回は、災害対策検討に役立つ機能を中心に、SIS 9の様々な空間解析機能、活用方法についてご紹介します。 最新の地理院タイルの読み込み 令和2年7月豪雨により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。 国土地理院が7月4日より順次公開している被害地域の浸水推定図は、前回ご紹介した「TileDataset」の機能を使用すると、SISで簡単に表示することができます。また、国土交通省が以前より公開している「国土 ...

ReadMore

メディア掲載 業界動向

GIS・地理専門情報誌「GIS NEXT」に弊社代表・齊藤社長のインタビューが掲載

2020/5/12

ネクストパブリッシング発刊の地理・GISの専門情報誌「GIS NEXT 第71号」に、弊社代表・齊藤のインタビューが掲載されましたのでご紹介します。 ※GIS NEXT 第71号では「新たな感染症といかに向き合うか ── GISと空間疫学の課題」を特集企画として、感染源・感染経路を究明し、感染症への効果的な対策を可能にする空間疫学研究の最新動向が紹介されています。 変化の激しい時代の中で、しっかりと存在感を示す製品・サービスを 「未来を創る 空間情報イノベーションカンパニー」をキャッチフレーズに GIS ...

ReadMore

メディア掲載 業界動向

金融専門紙「ニッキン」に弊社代表・齊藤社長のインタビューが掲載

2020/5/12

日本金融通信社発刊の金融専門紙「ニッキン」(2020年4月24日付)に、弊社代表・齊藤社長のインタビューが掲載されましたのでご紹介します。 顧客情報を地図で可視化 CG(コンピュータグラフィックス)やCAD(コンピュータ支援設計)を利用した地図情報システムが専門のインフォマティクスは、建設土木分野の地図情報表示・分析システムに定評がある。金融界に向けて、このノウハウを活用し渉外活動を支援する地図システムを提供。齊藤大地社長に製品の特徴を聞いた。(聞き手=岡田 亮)   「営業支援地図システム」の ...

ReadMore

SIS活用講座 技術情報

GISソフト「SIS」9のご紹介 Part7 Tile Dataset・ライブラリ編

2020/9/17

はじめに 「SIS 9」は、今年3月にサービスリリース「SIS 9 SR1」をリリースし、更に使いやすくなりました。今回はサービスリリースや、最近公開された機能を交えながら、SISの活用方法についてご紹介します。 図1:オンライン地図の読み込み・地図データの表現例 「テンプレート」機能で このデータ、どの場所?問題を解決! GISデータを入手して読み込んだものの、データが正しい位置に読み込まれているか不安・・。ということはないでしょうか?そのような場合は、SIS 9で一層充実した「テンプレート」機能がおす ...

ReadMore

コラム ジオ三昧のススメ

ハザードマップポータルサイト|自然災害時避難や防災対策に役立つ情報を提供

2020/8/16

地震や台風などの自然災害が頻発している中、さまざまな災害リスクを地図上で可視化した「ハザードマップ」が注目されている。ハザードマップは全国の自治体が住民に紙の地図を配布していることも多いが、インターネットでもさまざまなリスク情報を入手できる。 中でも代表的なのが、国土交通省が提供する「ハザードマップポータルサイト」だ。同サイトは全国の市町村が作成したハザードマップを活用できるポータルサイトで、身のまわりにどのような災害が起きる危険性があるのか、そして災害が発生したときにどこへ避難すれば良いのかを事前にチェ ...

ReadMore

コラム 人と星とともにある数学 数学・数学者

分数の割り算はなぜひっくり返してかけるのか?その理由を詳しく解説

2020/8/16

前回、電卓に0で割る計算をさせるとエラーが返ってくることを取り上げました。今回は小学校高学年で習う分数のわり算です。 映画「おもひでぽろぽろ」のワンシーン 分数は問題だらけです。中でも分数の割り算は「なぜ」を考え出すと難関です。はたして、多くの人は計算手順──分数のわり算はひっくり返してかければいい──を「覚える」ことになります。 ヤエ子:分母と分子をひっくり返してかけりゃいいだけじゃないの。学校でそう教わったでしょ。 タエ子:う〜ん。 ヤエ子:じゃあ、どうして間違ったの。 タエ子:分数を分数で割るってど ...

ReadMore

コラム 地図マニアな日々

地図は土地の履歴書|あの有名スポットの昔を知る

2020/7/27

今昔マップで知る、あの有名スポットの歴史 地図は作った瞬間から古くなってしまう運命を持つ。 街は常に変化しており、新しい道路が開通したり、新しい建物が建設されたり、逆にそれまであった施設がなくなってしまうこともある。店舗の開店・閉店まで含めれば、さらに変化の頻度は高まる。 それだけに、地図における経年変化の更新は重要な意味を持つ。変化情報を確実に捉えて、地図をなるべく早く更新してユーザーに届けることは、地図会社にとってはもっとも力を問われるミッションともいえる。 逆に考えれば、地図は「その一瞬」を記録した ...

ReadMore

SIS活用講座 技術情報

GISソフト「SIS」9のご紹介 Part6 3D編

2020/9/17

はじめに 前回に続き、「SIS 9」の新機能をご紹介します。今回は、「グリッド」、「点群」の機能をご紹介します。 グリッドとは? グリッド(メッシュ)は、領域を等間隔の格子に分割し、等間隔格子点ごとに何らかの地理情報(標高、人口など)を持たせたセルで構成された図形です。各セルが保持する、この地理情報の値をセル値といいます。(図1) グリッドは、標高や施設の分布などの表現に利用することができ、SISでポイントアイテムから作成したり、「基盤地図情報ダウンロードサービス」などのサイトからダウンロードしたデータを ...

ReadMore

コラム ジオ三昧のススメ

今昔マップ on the web|新旧の地形図を切替表示できる時系列地形図閲覧サイト

2020/6/17

デジタル地図には紙地図にはないさまざまな利点があるが、そのひとつとして、複数の地図を重ねたり並べたりして比較するのに便利である点が挙げられる。そのようなデジタル地図のメリットを活かして、新旧さまざまな時代の地図を比較できるサイトが「今昔マップ on the web」だ。 今昔マップ on the web 「今昔マップ on the web」は、全国41地域の新旧の地図を並べたり、重ねたりして比較できるサイト。デフォルトは2画面に分かれており、左側に古地図、右側に現代の地図が表示される。マウスのカーソルを左 ...

ReadMore

© 2020 株式会社インフォマティクス